2010年 5月 の記事

RoundCube WebMail のカスタマイズ方法

RoundCube WebMailのカスタマイズ方法は以下の通り。
(config/main.inc.phpを修正する)

デフォルトのサーバを指定

//$rcmail_config['default_host'] = '';
$rcmail_config['default_host'] = 'localhost';

ドメイン名を指定

//$rcmail_config['mail_domain'] = '';
$rcmail_config['mail_domain'] = 'example.com';

ログの出力フォーマットを年-月-日 時-分-秒に変更

//$rcmail_config['log_date_format'] = 'd-M-Y H:i:s O';
$rcmail_config['log_date_format'] = 'Y-M-d H:i:s O';

タイトル画面の文字列を変更

//$rcmail_config['product_name'] = 'RoundCube Webmail';
$rcmail_config['product_name'] = 'hogehoge mail';

言語の変更

//$rcmail_config['language'] = null;
$rcmail_config['language'] = ja_JP;

表示画面の日時フォーマットを年.月.日 時.分に変更

//$rcmail_config['date_long'] = 'd.m.Y H:i';
$rcmail_config['date_long'] = 'Y.m.d H:i';

表示画面の短い日時フォーマットを月.日(曜日) 時.分に変更

//$rcmail_config['date_short'] = 'D H:i';
$rcmail_config['date_short'] = 'm.d(D) H:i';

デフォルトの言語を変更

//$rcmail_config['default_charset'] = 'ISO-8859-1';
$rcmail_config['default_charset'] = 'ISO-2022-JP';

環境:
CentOS 5.5 (i386)
RoundCube WebMail 0.4 beta

CentOS 5 に Scalix をインストールする方法

CentOS 5にScalixをインストールする方法は以下の通り。

1. 必要なパッケージをインストールする

# yum install compat-libstdc++-296 sendmail-cf 
postgresql postgresql-server

2. /etc/hostsを修正する

# vi /etc/hosts

127.0.0.1にlocalhostやlocalhost.localdomain以外のホスト名があれば削除しておく。
scalixをインストールするサーバのFQDNを追記しておく。
(DNSで解決できればインストール時のチェックは通るが、念のため書いておく)

3. Scalixのインストーラを起動する

# sh scalix-11.4.6-GA-community-rhel5-intel.bin

4. 使用許諾を読み、同意するなら「yes」と答える

Do you agree? (yes/no) yes

5. ファイルの展開が完了したと表示されるので、エンターを押す

Archive extraction complete. Press <Return> to see the README. -->

6. 展開されたパッケージを起動する旨を問われるので、「yes」と答える

Do you want to run the package that was unpacked
automatically? (yes/no) [yes]

7. インストール方法を問われるので、どちらかを選択する

Please choose an action from the list:
[1] Install all Scalix components (typical)
[2] Install one or more Scalix components (custom)
-> Please enter your choice [1]:

8. インストールパッケージが表示される
継続する場合は「yes」と答える

=== Packages Installation ===

Searching for latest Scalix packages...

Install the following components:
  * Scalix Libical (required for Scalix Server)
    (version 0.27.20071008-1)
  * Scalix Character Set Detection (required for Scalix Server)
    (version 1.0.20071031-1.rhel5 [1.rhel5])
  * Scalix Server
    (version 11.4.6.13676-1.rhel5 [1.rhel5])
  * Scalix DB
    (version 11.4.6.2718-1)
  * Scalix Apache/Tomcat Connector
    (version 11.4.6.1020-1.rhel5 [1.rhel5])
  * Scalix Tomcat
    (version 5.5.28-1047)
  * Scalix Messaging Services
    (version 11.4.6.2822-1)
  * Scalix Management Agent
    (version 11.4.6.5113-1)
  * Scalix Web Access
    (version 11.4.6.12377-1)
  * Scalix Management Services
    (version 11.4.6.5113-1)
  * Scalix iconv Extras
    (version 1.2-1.rhel5 [1.rhel5])
  * Scalix Search and Index Service
    (version 11.4.6.1175-1)
  * Scalix Mobile Client
    (version 11.4.6.961-1)

-> Do you want to continue installing the packages? (yes/no) [yes]

9. システムチェック後、継続する場合はエンターを押す

Performing system check...

* Environment check... OK
* Filesystem check... OK
* Network check... OK
* Dependency check... OK
* Running services check... OK
* Community license check... OK

-> Press Enter to begin installation:

10.  プライマリメールノード名を入力する

=== Server Configuration ===

-> Enter the name of the primary mailnode on this server [mail]:

11. ドメイン名を入力する

=== Default Address Format ===

-> Domain name []:example.com

12 . 表示名のフォーマットを選択する

Display name format:

[1] Firstname Lastname
    (e.g. "James Kirk")
[2] Lastname, Firstname
    (e.g. "Kirk, James")
[3] Lastname Firstname
    (e.g. "Kirk James")
[4] Firstname Middleinitial. Lastname
    (e.g. "James T. Kirk")
[5] Lastname, Firstname Middleinitial.
    (e.g. "Kirk, James T.")

-> Please enter your choice [1]:3

13. メールアドレスのフォーマットを選択する

Internet address format:

[1] Use display name format
    (e.g. "kirk.james@example.com")
[2] Firstname_Middleinitial_Lastname
    (e.g. "james_t_kirk@example.com")
[3] Firstname.Middleinitial.Lastname
    (e.g. "james.t.kirk@example.com")
[4] Firstname.Lastname
    (e.g. "james.kirk@example.com")
[5] Firstname_Lastname
    (e.g. "james_kirk@example.com")
[6] Lastname.Firstname
    (e.g. "kirk.james@example.com")
[7] Lastname_Firstname
    (e.g. "kirk_james@example.com")
[8] firstinitialmiddleinitiallastname
    (e.g. "jtkirk@example.com")
[9] firstinitiallastname
    (e.g. "jkirk@example.com")
[10] firstinitialmiddleinitiallastinitial
    (e.g. jtk@example.com)

-> Please enter your choice [1]:6

14. 管理者名とパスワードの設定

The Admin user account is used to manage the Scalix Server using the
Management Console.  Enter an admin username and password:

-> Username [sxadmin]:

-> Enter password:

-> Confirm password:

-> Unique Email Address [sxadmin-mail@example.com]:

15. ライセンスがあれば入力する

-> Enter the location of your license key file or enter
"None" to run the server without a license []:

16. サーバの内部で使用するパスワードを入力する

=== Secure Communication ===
Please enter a password that the Scalix Management Services will use to
authenticate with the Scalix Server. If you plan to install multiple
Scalix Servers, please keep this password in a safe place. You MUST use
the same password during installation of additional servers.

-> Enter password:

-> Confirm password:

17. PostgreSQLのDBパスワードを入力する

=== PostgreSQL Configuration ===

-> Enter database password:

-> Confirm password:

18. 日本語化パッチの展開

# tar zxvf scalix-11.4.6-GA-jpatch-1.tgz

19. 日本語化パッチのインストール

# cd scalix-11.4.6-GA-jpatch-1
# ./scalix-ja-installer

20. ブラウザから以下のURLにアクセスする

管理者画面

http://<IPアドレス>/sac/
http://mail.example.com/sac/

ユーザ画面

http://<IPアドレス>/webmail/
http://mail.example.com/webmail/

環境:
CentOS 5.5 (i386)
Scalix 11.4.6

Sun Advanced Lights Out Manager (ALOM) の使い方

Sun Advanced Lights Out Manager (ALOM) の使い方は以下の通り。

ログイン方法

シリアルケーブルを接続し、ユーザ名を入力する
user: admin
pass: 初回ログイン時に設定

ILOM環境でALOMを使うにはユーザを作成し、そのユーザでログインする必要がある。

-> create /SP/users/admin role=Administrator cli_mode=alom

ホストサーバへ接続(Solaris OSプロンプトへ接続)

sc> console [-f]
-f: コンソール書き込みロックを取得する

指定ユーザのパスワードの変更

sc> userpassword <ユーザ名>

パスワードを変更

sc> password

アクセス権を指定

sc> userperm <ユーザ名> <アクセス権>

ユーザパラーメータの表示

sc> usershow <ユーザ名>

ユーザ一覧の表示

sc> usershow

ユーザの追加

sc> useradd <ユーザ名>

ユーザの削除

sc> userdel <ユーザ名>

okプロンプトへの切り替え

sc> break
sc> console

SCセットアップスクリプト

sc> setupsc
Should the SC network interface be enabled?
有効にする→true またはそのままリターン
無効にする→false
設定後にリセットする必要がある。

ALOMのリセット

sc> resetsc

IPアドレスの設定

sc> setsc if_network true
sc> setsc netsc_ipaddr 192.0.2.100
sc> setsc netsc_ipnetmask 255.255.255.0
sc> setsc if_connection ssh
sc> setsc netsc_dhcp false

ホストサーバのリセット

sc> poweroff [-f]
f: 強制
sc> poweron [-c]
c: 完了後、ただちにSolaris OSコンソールに切り替える
sc> reset [-x]
x: 強制

PS0のパワーオン

sc> poweron PS0
f: 強制

ALOMのバージョンの表示

sc> showsc version [-v]

LED状態の確認

sc> showlocator

LEDのオンまたはオフを切り替える

sc> setlocator [on | off]

サーバ環境状態の表示

sc> showenvironment

ALOMの設定のバックアップ

sc> dumpconfig [-t] -s <IPアドレス> -f <パス名>
t: 暗号化しない

ALOMの設定のリストア

sc> restoreconfig -s <IPアドレス> -f <パス名>

NVRAM構成パラメータを表示

sc> showsc

仮想キースイッチの状態の表示

sc> showkeyswitch

仮想キースイッチの位置を制御

sc> setkeyswitch [normal | stby | diag | locked] [-y]

ハードウェア構成に関する情報の確認

sc> showplatform

ホストサーバーコンソールの出力バッファーを表示

sc> consolehistory

イベントの履歴を表示

sc> showlogs [-v]

現在のネットワーク構成情報を表示

sc> shownetwork [-v]

警告と関連するLEDを、オンまたはオフに切り替える

sc> setalarm [critical | major | minor | user] [on | off]
ホストサーバへブレーク信号を送信する
sc> break [-y] [-c]
y: yes/noを質問しないで実行する
c: コマンド完了後、ただちにSolaris SO コンソールに切り替える

ALOMファームウェアを更新する

flashupdate [-v] -s <IPアドレス> -f <パス名>/alomfw
v: 詳細な情報を表示する

ホストサーバのOpenBootROMファームウェアの起動方法を制御

sc> bootmode 
[skip_diag, diag, reset_nvram, normal, bootscript="string"]

ALOMからログアウトする

sc> logout

日付・時間の表示

sc> showdate

日付・時間の設定

sc> setdate MMDDhhmmYYYY
sc> setdate hhmm
YYYY: 年
MM: 月
DD: 日
hh: 時
mm: 分

ヘルプの表示

sc> help
sc> help power

電源を取り外す準備

sc> removefru PS0

SSHの再起動

sc> restartssh

ALOM 構成変数を出荷時のデフォルト値に戻す

sc> setdefaults

FRUの状態を表示

sc> showfru

SCの遠隔接続タイプを表示

sc> showsc if_connection [none | telnet | ssh]

SCプロンプトの表示を変更

sc> setsc sc_cliprompt <文字列>

##### 参考 #####

Solaris OSプロンプトから制御するコマンドは以下の通り

scadm

scadmでALOMのIPアドレスを設定する

# scadm set if_network true
# scadm set netsc_ipaddr 192.0.2.100
# scadm set netsc_ipnetmask 255.255.255.0
# scadm set if_connection ssh
# scadm set netsc_dhcp false

Sun Integrated Lights Out Manager (ILOM) の使い方

Sun Integrated Lights Out Manager (ILOM) の使い方は以下の通り。

ログイン方法

シリアルケーブルを接続し、ユーザ名とパスワードを入力する
user: root
pass: changeme
(デフォルトパスワード)

サーバーのマザーボードに関するステータス情報を表示

-> show /SYS/MB

ホストサーバの起動

-> start /SYS

ホストサーバのシャットダウン

-> stop /SYS

ホストサーバのリセット

-> reset /SYS

ILOMのリセット

-> reset /SP

Solaris OSのプロンプトへ切り替える

-> start /SP/console

Solaris OSのプロンプトを終了する

#.

ユーザを作成

-> create /SP/users/<ユーザ名> role=<役割> cli_mode=<モード>

(例)ALOM用のユーザを作成

-> create /SP/users/<ユーザ名> role=Administrator cli_mode=alom

IPアドレスの設定

-> cd /SP/network
-> set pendingipaddress=192.0.2.100
-> set pendingipnetmask=255.255.255.0
-> set pendingipgateway=192.0.2.1
-> set pendingipdiscovery=static
-> set commitpending=true

NW設定の表示

-> show /SP/network

サービス状態の確認

-> show /SP/services/http
-> show /SP/services/https
-> show /SP/services/ssh

アラーム情報の表示

-> show /SP/alert/rules

クロックの表示

-> show /SP/clock

クロックを設定してNTPサーバと同期

-> set /SP/clients/ntp/server1 address=<IPアドレス>

NTPサービスを有効にする

-> set /SP/clock/usentpserver=enabled

HTTPからHTTPS へリダイレクト

-> set /SP/services/http secureredirect=true

HTTPS ポートを 445 に変更する

-> set /SP/services/https port=445

ILOMのバージョン表示

-> version

CLI コマンドすべてを表示

-> show /SP/cli/commands

ILOMファームウェアのアップデート

-> load -source tftp://<IPアドレス>/<ファイル名>

パスワードの変更

-> set /SP/users/<ユーザ名> password

役割の変更

-> set /SP/users/<ユーザ名> role=<役割>

##### 参考 #####

Solaris OSプロンプトから制御するコマンドは以下の通り

scadm

CentOS 5 に RoundCube WebMail をインストールする方法

CentOS 5にRoundCube WebMailをインストールする方法は以下の通り。

1. apacheをインストールし、自動で起動するように設定する
(インストールされている場合は不要)

# yum install httpd
# chkconfig httpd on

2. MySQLサーバをインストール、自動で起動するように設定する
(インストールされている場合は不要)

# yum install mysql-server
# chkconfig mysqld on

3. php-5.2をインストールするための準備

# vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Testing.repo

以下、CentOS-Testing.repoの内容

[testing]
name=CentOS-$releasever - Testing
baseurl=http://dev.centos.org/centos/$releasever/testing/$basearch/
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=http://dev.centos.org/centos/RPM-GPG-KEY-CentOS-testing

4. php-5.2をインストール
(旧バージョンのphpがインストールされている場合はupdate)

# rpm --import http://dev.centos.org/centos/RPM-GPG-KEY-CentOS-testing
# yum --enablerepo=testing install php php-mysql 
php-mcrypt php-gd php-xml php-pear php-devel 
php-pecl-Fileinfo php-mbstring

5. gccをインストール
(インストールされている場合は不要)

# yum install gcc

6. fileinfoのインストール

# pecl install fileinfo

7. php.iniのタイムゾーンを設定
(設定してある場合は不要)

# vi /etc/php.ini
date.timezone="Asia/Tokyo"

8. MySQLの起動

# /etc/init.d/mysqld start

9. RoundCube WebMail用のDB作成とユーザ作成

# mysql
mysql> CREATE DATABASE roundcubemail;
mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON roundcubemail.* TO
    -> roundcube@localhost IDENTIFIED BY 'pass';

10. RoundCube WebMailの展開

# tar xvzf roundcubemail-0.4-beta.tar.gz

11. RoundCube WebMailの配置

# mv roundcubemail-0.4-beta /var/www/html/webmail

12. apacheの起動
(起動している場合は再起動)

# /etc/init.d/httpd start

(インストール直後の場合は、/etc/httpd/conf/httpd.confのServerNameを修正する必要がある)

13. ブラウザからインストールウィザードへアクセスする

http://<IPアドレス>/webmail/installer/

14. 画面下にある「START INSTALLATION」ボタンを押す

15. RoundCube Webmail Installer – 1. Check environment
画面下にある「NEXT」を押す
(PostgreSQLとSQLite以外の状態がすべてOKになっていること)

16. RoundCube Webmail Installer – 2. Create config
必要に応じて、項目の値を変更する。
IMAPとSMTP Settingsはサーバ欄が空欄になっているのでそれぞれサーバを指定すること。
変更したら、画面下にある「CREATE CONFIG」ボタンを押す。

17. RoundCube Webmail Installer – 2. Create config
main.inc.phpとdb.inc.phpが作成されるので、ダウンロードして指定されたディレクトリ
(/var/www/html/webmail/config/)へコピーする。
(画面上の黄色い四角の中のメッセージに、コピー先のディレクトリ名が書いてある)

18. RoundCube WebMailディレクトリのオーナーをapacheに変更

# chown -R apache:apache /var/www/html/webmail/

19. RoundCube Webmail Installer – 2. Create config
画面中ほどにある「CONTINUE」ボタンを押す。

20. RoundCube Webmail Installer – 3. Test config
「Initialize database」ボタンを押す
SMTPサーバ設定やIMAPサーバ設定の接続を試験できる

21. mail_domainの修正

# vi /var/www/html/webmail/config/main.inc.php
$rcmail_config['mail_domain'] = 'example.com';

(ここを修正しないとIMAPサーバ名=ドメイン名になってしまう)

22. ブラウザからRoundCube WebMailへアクセスする

http://<IPアドレス>/webmail

環境:
CentOS 5.5 (i386)
RoundCube WebMail 0.4 beta

Solaris で ISO ファイル(CDイメージ)をマウントする方法

SolarisでISOファイル(CDイメージ)をマウントする方法は以下の通り。

1. マウント場所を作成する

# mkdir /mnt/vcd

2. ISOファイルをデバイスに割り当てる

# lofiadm -a <ファイル名>

(例)

# lofiadm -a /export/home/hoge/sample.iso
/dev/lofi/1

3. 割り当てられたデバイスをマウントする

# mount -F hsfs -r /dev/lofi/1 /mnt/vcd

##### 参考 #####

アンマウントする方法は以下の通り

1. 割り当てられたデバイスをアンマウントする

# umount /mnt/vcd

2. 割り当てられたデバイスを削除する

# lofiadm -d /dev/lofi/1

Linux で ISO ファイル(CDイメージ)をマウントする方法

LinuxでISOファイル(CDイメージ)をマウントする方法は以下の通り。

1. マウント場所を作成する

# mkdir /mnt/vcd

2. isoファイルをマウントする

# mount -t iso9660 -o loop,ro <isoファイル名> <マウント場所>
(例)# mount -t iso9660 -o loop,ro /home/hoge/cd_image.iso /mnt/vcd/

##### 参考 #####

アンマウントする方法は以下の通り。

# umount /mnt/vcd

Zimbra のメールリレーで SMTP 認証する方法

ZimbraのメールリレーでSMTP認証する方法は以下の通り
(ISPによってはOP25Bが適用されており、外部へ直接メールを送信できない場合がある)

1. Zimbraの管理者画面から外部配信用のリレーMTAの設定をする
「サーバーステータス」 → 「サーバー」 → 「該当サーバ」 → 「MTA」タブ

メールサーバ: <ISPのメールサーバ>
ポート番号: 25 または587

2. SMTP認証用のハッシュDBの下準備をする

echo <メールリレー先> <ユーザ名>:<パスワード> > 
/opt/zimbra/postfix/conf/smtpauth_password

(例)

echo mailgw.example.com hogehoge:password > 
/opt/zimbra/postfix/conf/smtpauth_password

3. SMTP認証用のハッシュDBを作成する

/opt/zimbra/postfix/sbin/postmap 
hash:/opt/zimbra/postfix/conf/smtpauth_password

4. Postfixの設定を変更する

/opt/zimbra/postfix/sbin/postconf -e 
smtp_sasl_password_maps=hash:/opt/zimbra/conf/smtpauth_password

/opt/zimbra/postfix/sbin/postconf -e 
smtp_sasl_mechanism_filter=plain,login

/opt/zimbra/postfix/sbin/postconf -e 
smtp_sasl_security_options="noanonymous"

5. Postfixをリロードする

/opt/zimbra/postfix/sbin/postfix reload

環境:
CentOS 5.5 (i386)
Zimbra 6.0.6.1 GA

CentOS 5 に Zimbra をインストールする方法

CentOS 5にZimbraをインストールする方法は以下の通り。

1. 必要に応じてHTTP、SMTP、POP、IMAPなどの各種サーバを停止する
(Zimbraに同梱されているパッケージを使用するため)

# service httpd stop
# service sendmail stop
# service postfix stop
# service dovecot stop

2. 必要に応じてHTTP、SMTP、POP、IMAPなどの自動起動を停止する
(Zimbraに同梱されているパッケージを使用するため)

# chkconfig httpd off
# chkconfig sendmail off
# chkconfig postfix off
# chkconfig dovecot off

3. sysstatをインストールする

# yum -y install sysstat

4. hostsに、ZimbraをインストールするホストのFQDNを書いておく

(例) /etc/hosts
192.0.2.100     mail.example.com

5. Zimbraのインストーラ(シェルスクリプト)を起動する
(オプションに platform-overrideをつけることで、RHEL 5のパッケージをCentOS 5にインストールできる)

# tar xzvf zcs-6.0.6_GA_2330.RHEL5.20100505210236.tgz
# cd zcs-6.0.6_GA_2330.RHEL5.20100505210236
# ./install.sh --platform-override

6. 以下のメッセージが表示されたらリターンキーを押す

Press Return to continue

7. 以下のメッセージが表示されたら必要なら「Y」、不要なら「N」と答える
( [ ] 内はデフォルト値)

Install zimbra-ldap [Y]
Install zimbra-logger [Y]
Install zimbra-mta [Y]
Install zimbra-snmp [Y]
Install zimbra-store [Y]
Install zimbra-apache [Y]
Install zimbra-spell [Y]
Install zimbra-memcached [N]
Install zimbra-proxy [N]

8. 以下のメッセージが表示されたら「Y」と答える

Install anyway? [N] Y
The system will be modified.  Continue? [N] Y

9. 以下のメッセージが表示されたら、ドメイン名を変更する場合は[Yes]と答え変更する
(ホスト名をドメイン名としているようなので、ほとんどの場合で変更が必要になると思われる)

Change domain name? [Yes]
Create domain: [mail.example.com] example.com

10. 以下の画面が表示されたら、必要な項目を設定する
管理者のパスワードが未設定なので「3」を選択する
(*******と表示されている箇所の設定が必要)

Main menu
   1) Common Configuration:                                                 
   2) zimbra-ldap:                             Enabled                      
   3) zimbra-store:                            Enabled                      
        +Create Admin User:                    yes                          
        +Admin user to create:                 admin@example.com        
******* +Admin Password                        UNSET                        
        +Enable automated spam training:       yes                          
        +Spam training user:                   spam.hfxwfbm2q@example.com
        +Non-spam(Ham) training user:          ham.0p97jrx87n@example.com
        +Global Documents Account:             wiki@example.com         
        +SMTP host:                            mail.example.com         
        +Web server HTTP port:                 80                           
        +Web server HTTPS port:                443                          
        +Web server mode:                      http                         
        +IMAP server port:                     143                          
        +IMAP server SSL port:                 993                          
        +POP server port:                      110                          
        +POP server SSL port:                  995                          
        +Use spell check server:               yes                          
        +Spell server URL:                     http://mail.example.com:7780/aspell.php
        +Configure for use with mail proxy:    FALSE                        
        +Configure for use with web proxy:     FALSE                        
        +Enable version update checks:         TRUE                         
        +Enable version update notifications:  TRUE                         
        +Version update notification email:    admin@example.com        
        +Version update source email:          admin@example.com        
   4) zimbra-mta:                              Enabled                      
   5) zimbra-snmp:                             Enabled                      
   6) zimbra-logger:                           Enabled                      
   7) zimbra-spell:                            Enabled                      
   8) Default Class of Service Configuration:                               
   r) Start servers after configuration        yes                          
   s) Save config to file                                                   
   x) Expand menu                                                           
   q) Quit                                   
Address unconfigured (**) items  (? - help) 3

11. 以下の画面が表示されるので、「4」を選択する

Store configuration
   1) Status:                                  Enabled                      
   2) Create Admin User:                       yes                          
   3) Admin user to create:                    admin@example.com        
** 4) Admin Password                           UNSET                        
   5) Enable automated spam training:          yes                          
   6) Spam training user:                      spam.hfxwfbm2q@example.com
   7) Non-spam(Ham) training user:             ham.0p97jrx87n@example.com
   8) Global Documents Account:                wiki@example.com         
   9) SMTP host:                               mail.example.com         
  10) Web server HTTP port:                    80                           
  11) Web server HTTPS port:                   443                          
  12) Web server mode:                         http                         
  13) IMAP server port:                        143                          
  14) IMAP server SSL port:                    993                          
  15) POP server port:                         110                          
  16) POP server SSL port:                     995                          
  17) Use spell check server:                  yes                          
  18) Spell server URL:                        http://mail.example.com:7780/aspell.php
  19) Configure for use with mail proxy:       FALSE                        
  20) Configure for use with web proxy:        FALSE                        
  21) Enable version update checks:            TRUE                         
  22) Enable version update notifications:     TRUE                         
  23) Version update notification email:       admin@example.com        
  24) Version update source email:             admin@example.com        
Select, or 'r' for previous menu [r] 4

12. 管理者のパスワードを入力する

Password for admin@example.com (min 6 characters): [B4znewUzq]

13. 管理者のパスワードを設定したら「r」を選んで前の画面に戻る
以下の画面が表示されたら「a」を選択する

Main menu
   1) Common Configuration: 
   2) zimbra-ldap:                             Enabled
   3) zimbra-store:                            Enabled
   4) zimbra-mta:                              Enabled
   5) zimbra-snmp:                             Enabled
   6) zimbra-logger:                           Enabled
   7) zimbra-spell:                            Enabled
   8) Default Class of Service Configuration:
   r) Start servers after configuration        yes
   s) Save config to file
   x) Expand menu
   q) Quit
*** CONFIGURATION COMPLETE - press 'a' to apply
Select from menu, or press 'a' to apply config (? - help) a

14. 設定を保存するかを聞かれるので、「Yes」と答える

Save configuration data to a file? [Yes]

15. システムを変更していいかを聞かれるので、「Yes」と答える

The system will be modified - continue? [No] Yes

16. インストール作業をZimbraに通知するかを聞かれるので、通知するなら「Yes」しないなら「No」と答える

Notify Zimbra of your installation? [Yes]

17. インストール作業が完了すると以下のメッセージが表示される

Configuration complete - press return to exit

環境:
CentOS 5.5 (i386)
Zimbra 6.0.6.1 GA

##### 参考 #####

Zimbraへのアクセスは以下の通り

管理者画面
https://mail.example.com:7071/

ユーザ画面
http://mail.example.com/

Zimbraをインストールすると、以下のパッケージが一緒にインストールされていた

altermime-0.3-dev
amavisd-new-2.6.4
aspell-0.60.6
bdb-4.7.25.4
clamav-0.95.3
curl-7.20.0
cyrus-sasl-2.1.23.3z
dspam-3.9.0
heimdal-1.3.1
httpd-2.2.14
jdk1.6.0_16
jetty-6.1.22.z6
libtool-2.2.6b
mysql-standard-5.0.90-pc-linux-gnu-i686-glibc23
net-snmp-5.5
openldap-2.4.21.7z
openssl-0.9.8n
postfix-2.6.5.2z
tcmalloc-1.5

Solaris でデバイスを再構成するコマンド

Solarisでデバイスを再構成するコマンドは以下の通り。

# devfsadm

他にも以下の方法がある。

# touch /reconfigure
# shutdown -y -g0 -i6
ok boot -r
(ok プロンプトから実行する)
TOP

INFORMATION

当サイトは備忘録であり、その内容を保証するものではありません。 当サイトまたはリンク先によるいかなるトラブルや損害に関しても、一切の責任を負いかねます。 当サイトの内容を無断で転用したり、転載する等の行為はおやめください。