CentOS 5にRoundCube WebMailをインストールする方法は以下の通り。

1. apacheをインストールし、自動で起動するように設定する
(インストールされている場合は不要)

# yum install httpd
# chkconfig httpd on

2. MySQLサーバをインストール、自動で起動するように設定する
(インストールされている場合は不要)

# yum install mysql-server
# chkconfig mysqld on

3. php-5.2をインストールするための準備

# vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Testing.repo

以下、CentOS-Testing.repoの内容

[testing]
name=CentOS-$releasever - Testing
baseurl=http://dev.centos.org/centos/$releasever/testing/$basearch/
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=http://dev.centos.org/centos/RPM-GPG-KEY-CentOS-testing

4. php-5.2をインストール
(旧バージョンのphpがインストールされている場合はupdate)

# rpm --import http://dev.centos.org/centos/RPM-GPG-KEY-CentOS-testing
# yum --enablerepo=testing install php php-mysql 
php-mcrypt php-gd php-xml php-pear php-devel 
php-pecl-Fileinfo php-mbstring

5. gccをインストール
(インストールされている場合は不要)

# yum install gcc

6. fileinfoのインストール

# pecl install fileinfo

7. php.iniのタイムゾーンを設定
(設定してある場合は不要)

# vi /etc/php.ini
date.timezone="Asia/Tokyo"

8. MySQLの起動

# /etc/init.d/mysqld start

9. RoundCube WebMail用のDB作成とユーザ作成

# mysql
mysql> CREATE DATABASE roundcubemail;
mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON roundcubemail.* TO
    -> roundcube@localhost IDENTIFIED BY 'pass';

10. RoundCube WebMailの展開

# tar xvzf roundcubemail-0.4-beta.tar.gz

11. RoundCube WebMailの配置

# mv roundcubemail-0.4-beta /var/www/html/webmail

12. apacheの起動
(起動している場合は再起動)

# /etc/init.d/httpd start

(インストール直後の場合は、/etc/httpd/conf/httpd.confのServerNameを修正する必要がある)

13. ブラウザからインストールウィザードへアクセスする

http://<IPアドレス>/webmail/installer/

14. 画面下にある「START INSTALLATION」ボタンを押す

15. RoundCube Webmail Installer – 1. Check environment
画面下にある「NEXT」を押す
(PostgreSQLとSQLite以外の状態がすべてOKになっていること)

16. RoundCube Webmail Installer – 2. Create config
必要に応じて、項目の値を変更する。
IMAPとSMTP Settingsはサーバ欄が空欄になっているのでそれぞれサーバを指定すること。
変更したら、画面下にある「CREATE CONFIG」ボタンを押す。

17. RoundCube Webmail Installer – 2. Create config
main.inc.phpとdb.inc.phpが作成されるので、ダウンロードして指定されたディレクトリ
(/var/www/html/webmail/config/)へコピーする。
(画面上の黄色い四角の中のメッセージに、コピー先のディレクトリ名が書いてある)

18. RoundCube WebMailディレクトリのオーナーをapacheに変更

# chown -R apache:apache /var/www/html/webmail/

19. RoundCube Webmail Installer – 2. Create config
画面中ほどにある「CONTINUE」ボタンを押す。

20. RoundCube Webmail Installer – 3. Test config
「Initialize database」ボタンを押す
SMTPサーバ設定やIMAPサーバ設定の接続を試験できる

21. mail_domainの修正

# vi /var/www/html/webmail/config/main.inc.php
$rcmail_config['mail_domain'] = 'example.com';

(ここを修正しないとIMAPサーバ名=ドメイン名になってしまう)

22. ブラウザからRoundCube WebMailへアクセスする

http://<IPアドレス>/webmail

環境:
CentOS 5.5 (i386)
RoundCube WebMail 0.4 beta