2011年 3月 の記事

VMware ESX/ESXi のディスクプロビジョニングタイプを変更する方法

VMware ESX/ESXiのディスクプロビジョニングタイプを変更する方法は以下の通り。

シンからシックの場合

データストアの参照→仮想HDD(vmdk)ファイルを右クリック→拡張

シックからシンの場合

VMware Storage VMotion時に変更

環境:
VMware ESXi 4.1

BGP フルルート数を確認する方法

BGPフルルート数を確認する方法は以下の通り。

1. route-server.ip.att.netへtelnet

telnet route-server.ip.att.net

以下のメッセージが表示される

*** route-server.ip.att.net now uses AAA for logins.  Login with
 username "rviews".

2. rviewsユーザでログイン

Username: rviews
route-server>

3. コマンドを実行

route-server>show ip bgp summary

BGP router identifier 12.0.1.28, local AS number 65000
BGP table version is 29870640, main routing table version 29870640
343253 network entries using 41533613 bytes of memory
6301734 path entries using 327690168 bytes of memory
423529/58708 BGP path/bestpath attribute entries using 59294060 bytes of memory
83830 BGP AS-PATH entries using 2198940 bytes of memory
145 BGP community entries using 3480 bytes of memory
0 BGP route-map cache entries using 0 bytes of memory
0 BGP filter-list cache entries using 0 bytes of memory
BGP using 430720261 total bytes of memory
Dampening enabled. 1612 history paths, 1361 dampened paths
BGP activity 3371872/3028619 prefixes, 86814098/80512364 paths, scan interval 60 secs

4. ログアウト

route-server>exit

CentOS 5 に Heartbeat をインストールする方法

CentOS 5にHeartbeatをインストールする方法は以下の通り。

1.haclientグループを追加

# groupadd haclient -g 496

2. haclusterユーザを追加

# useradd -u 498 -g haclient -d /var/lib/heartbeat/cores/hacluster 
          -s /bin/bash -M hacluster

3. heartbeatをインストール

# yum install heartbeat

※haclient, haclusterを追加していない場合は以下のエラーが発生してインストールがスキップされる
(もう一度yum install heartbeatを実行すればインストールできる)

useradd: ユーザ hacluster は存在します
error: %pre(heartbeat-2.1.3-3.el5.centos.i386) scriptlet failed, exit status 9
error:   install: %pre scriptlet failed (2), skipping heartbeat-2.1.3-3.el5.centos

4. 設定ファイルのコピー

# cp /usr/share/doc/heartbeat-2.1.3/ha.cf /etc/ha.d/
# cp /usr/share/doc/heartbeat-2.1.3/haresources /etc/ha.d/
# cp /usr/share/doc/heartbeat-2.1.3/authkeys /etc/ha.d/

5. /etc/hostsの設定

# vi /etc/hosts
192.0.2.101    node01 # 追加
192.0.2.102    node02 # 追加

6. ha.cfの設定 (node01側)

# vi /etc/ha.d/ha.cf
logfacility     local0
keepalive 2
deadtime 30
warntime 10
initdead 120
udpport 694
ucast eth1 192.0.2.102
auto_failback off
watchdog /dev/watchdog
node    node01 node02
ping 192.0.2.1

7. ha.cfの設定 (node02側)

# vi /etc/ha.d/ha.cf
logfacility     local0
 keepalive 2
 deadtime 30
 warntime 10
 initdead 120
 udpport 694
 ucast eth1 192.0.2.101
 auto_failback off
 watchdog /dev/watchdog
 node    node01 node02
 ping 192.0.2.1

8. haresourcesの設定

# vi /etc/ha.d/haresources
node01 192.0.2.100/24

9. authkeysの設定

# vi /etc/ha.d/authkeys
auth 1
1 crc
# chmod 600 /etc/ha.d/authkeys

10. heartbeatの起動とOS起動時の設定

# /etc/init.d/heartbeat start
# chkconfig --add heartbeat

手順10で自動起動するようになっていたが、必要であれば以下を実行

# chkconfig heartbeat on

強制的にスタンバイ(待機系)にするには以下のコマンドを実行

# /etc/init.d/heartbeat standby

環境:
CentOS 5.5 (i386)
vip: 192.0.2.100/24
node01: 192.0.2.101/24
node02: 192.0.2.102/24
GW: 192.0.2.1/24

VMware vSphere Management Assistant (vMA)をデプロイする方法

VMware vSphere Management Assistant (vMA)をデプロイする方法は以下の通り。

1. vMAをダウンロード(vMA-4.1.0.0-268837.zip)

2. vMAを解凍

3. vSphere Clientからデプロイ

「ファイル」→「OVSテンプレートのデプロイ」を選び
解凍したファイル(vMA-4.1.0.0-268837.ovf)を選択

4. vMAをパワーオン

5. 初回起動時にネットワークとvm-adminユーザのパスワードを設定

6. Alt+F2 を押す(初期画面に戻るには Alt+F1)

7. vi-adminユーザでログイン

8. タイムゾーンの変更

$ date
Sun Mar 13 00:00:00 EST 2011

Eastern Standard Time(EST)になっている

$ sudo vi /etc/sysconfig/clock
ZONE="America/New_York" → ZONE="Asia/Tokyo"
$ sudo cp -p /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime
$ date
Sun Mar 13 14:00:00 JST 2011

Japan Standard Time(JST)になった

環境:
VMware ESXi 4.1
VMware vSphere Management Assistant 4.1

CentOS 5 に Zabbix をインストールする方法

CentOS 5 にZabbix をインストールする方法は以下の通り。

1. 必要なパッケージをインストール

# yum install httpd mysql-server php php-mysql

2. サービスの起動とOS起動時の設定

# /etc/init.d/httpd start
# /etc/init.d/mysqld start
# chkconfig httpd on
# chkconfig mysqld on

3. MySQLのrootユーザにパスワードを設定

# mysql
mysql> SET PASSWORD FOR root@localhost=PASSWORD('<パスワード>');
mysql> exit

※パスワードなしで接続しようとした場合、以下のエラーが出力されるようになる

# mysql
ERROR 1045 (28000): Access denied for user 'root'@'localhost' (using password: NO)

4. Zabbix用のユーザとデータベースを作成

# mysql -p
mysql> create database zabbix;
mysql> grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by '<パスワード>';
mysql> flush privileges;
mysql> exit

5. Zabbixのインストール

# wget http://www.zabbix.jp/binaries/relatedpkgs/rhel5/i386/zabbix-jp-release-5-3.noarch.rpm
# rpm -ivh zabbix-jp-release-5-3.noarch.rpm
# rm zabbix-jp-release-5-3.noarch.rpm

6. Zabbixのリポジトリを変更

# alternatives --config zabbix-jp-release
 1           /usr/share/zabbix-jp-release/zabbix-jp-1.1.repo
 2           /usr/share/zabbix-jp-release/zabbix-jp-1.4.repo
*+ 3           /usr/share/zabbix-jp-release/zabbix-jp-1.6.repo
 4           /usr/share/zabbix-jp-release/zabbix-jp-1.8.repo
Enter を押して現在の選択 [+] を保持するか、選択番号を入力します:4

7. Zabbixのリポジトリを無効に設定(必要に応じて有効にする為)

# vi /etc/yum.repos.d/zabbix-jp.repo
[zabbix-jp]
enabled=1 → enabled=0 (変更)
[zabbix-jp-relatedpkgs]
enable=1 → enabled=0 (変更)

8. Zabbixのインストール

# yum install --enablerepo=zabbix-jp-relatedpkgs,zabbix-jp 
 zabbix zabbix-agent zabbix-server zabbix-server-mysql 
 zabbix-web zabbix-web-mysql

9. Zabbix用データベースの設定

# mysql -u zabbix -p<パスワード> zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-1.8.4/schema/mysql.sql
# mysql -u zabbix -p<パスワード> zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-1.8.4/data/data.sql
# mysql -u zabbix -p<パスワード> zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-1.8.4/data/images_mysql.sql

10. /etc/zabbix/zabbix_server.conf の修正

DBName=zabbix
DBUser=zabbix
DBPassword=<パスワード>

11. Zabbixの起動とOS起動時の設定(agent含む)

# /etc/init.d/zabbix-agent start
# /etc/init.d/zabbix-server start
# chkconfig zabbix-agent on
# chkconfig zabbix-server on

12. apacheを再起動

# /etc/init.d/httpd restart

13. Zabbixへログイン(初回ログイン時に初期設定)

http://<サーバIPアドレス>/zabbix/
アカウント名: admin
初期パスワード: zabbix

※エージェント(アカウント側プログラム)

CentOS 5 (i386)用
http://www.zabbix.jp/binaries/zabbix/zabbix-1.8/rhel5/i386/zabbix-agent-1.8.4-1.el5.JP.i386.rpm
Windows用
http://www.zabbix.jp/binaries/zabbix/zabbix-1.8/windows/zabbix_agent-1.8.4-1.JP_installer.exe

手順6でZabbix用のリポジトリを変更しても古いバージョンしかインストールできない場合は
yum clean all を実行してみるとうまくいくことがある。

※環境:
CentOS 5.5 (i386)
zabbix-1.8.4

L3SW やルータの ARP テーブルを書き換える方法

L3SWやルータのARPテーブルを書き換える方法は以下の通り。

1. fakeパッケージをダウンロード

# wget http://packages.sw.be/fake/fake-1.1.8-1.2.el5.rf.i386.rpm

2. fakeパッケージをインストール

# rpm -ivh fake-1.1.8-1.2.el5.rf.i386.rpm

3. コマンドを実行

ARPテーブルを保持する機器(L3SW/ルータ)
IPアドレス: 192.0.2.1
MACアドレス: aaaa.aaaa.aaaa
現在のARPテーブル
192.0.2.100 bbbb.bbbb.bbbb
希望するARPテーブル
192.0.2.100 cccc.cccc.cccc
send_arpを送信するインターフェイス: eth0
# send_arp 192.0.2.100 CC:CC:CC:CC:CC:CC 192.0.2.1 AA:AA:AA:AA:AA:AA eth0

サーバでNICの交換等で、同一IPアドレスを使用しながらMACアドレスが変更され
接続しているL3SWやルータを操作できない場合にこの方法を使うと便利。
Gratuitous ARPを実行している。

環境:
CentOS 5.5 (i386)

CentOS 5 に MantisBT をインストールする方法

CentOS 5にMantisBTをインストールする方法は以下の通り。

1. 必要なパッケージをインストール

# yum install httpd mysql-server php php-mysql

2. サービスの起動とOS起動時の設定

# /etc/init.d/httpd start
# /etc/init.d/mysqld start
# chkconfig httpd on
# chkconfig mysqld on

3. MySQLのrootユーザにパスワードを設定

# mysql
mysql> SET PASSWORD FOR root@localhost=PASSWORD('<パスワード>');
mysql> exit

※パスワードなしで接続しようとした場合、以下のエラーが出力されるようになる

# mysql
ERROR 1045 (28000): Access denied for user 'root'@'localhost' (using password: NO)

4. MantisBT用のユーザとデータベースを作成

# mysql -p
mysql> create database bugtracker;
mysql> grant all privileges on bugtracker.* to mantisbt@localhost identified by '<パスワード>';
mysql> flush privileges;
mysql> exit

5. 以下のURLからMantisBTをダウンロードするURLを確認

http://sourceforge.net/projects/mantisbt/files/mantis-stable/

6. MantisBTをインストール

# cd /var/www/html/
# wget http://sourceforge.net/projects/mantisbt/files/mantis-stable/1.2.4/mantisbt-1.2.4.tar.gz/download
# tar zxvf mantisbt-1.2.4.tar.gz
# chown apache:apache mantisbt-1.2.4
# ln -s mantisbt-1.2.4/ mantisbt
# rm mantisbt-1.2.4.tar.gz

7. ブラウザから以下のURLへアクセスし、MantisBTを設定

http://<サーバのIPアドレス>/mantisbt/admin/install.php

8. デフォルトの言語を日本語に変更
mantisbt/config_inc.phpの<?php ~ ?>の間に以下の一行を追加

$g_default_language = 'japanese';

9. MantisBTへログイン

http://<サーバのIPアドレス>/mantisbt/
利用者名: administrator
初期パスワード: root

10. その他の作業

administratorの初期パスワードを変更
ブラウザからadministratorでログインして「アカウント設定」にて変更
インストール用ディレクトリを削除
# rm -fr mantisbt/admin/

環境:
CentOS 5.5 (i386)
mantisbt-1.2.4

TOP

INFORMATION

当サイトは備忘録であり、その内容を保証するものではありません。 当サイトまたはリンク先によるいかなるトラブルや損害に関しても、一切の責任を負いかねます。 当サイトの内容を無断で転用したり、転載する等の行為はおやめください。