CentOS 5 にZabbix をインストールする方法は以下の通り。

1. 必要なパッケージをインストール

# yum install httpd mysql-server php php-mysql

2. サービスの起動とOS起動時の設定

# /etc/init.d/httpd start
# /etc/init.d/mysqld start
# chkconfig httpd on
# chkconfig mysqld on

3. MySQLのrootユーザにパスワードを設定

# mysql
mysql> SET PASSWORD FOR root@localhost=PASSWORD('<パスワード>');
mysql> exit

※パスワードなしで接続しようとした場合、以下のエラーが出力されるようになる

# mysql
ERROR 1045 (28000): Access denied for user 'root'@'localhost' (using password: NO)

4. Zabbix用のユーザとデータベースを作成

# mysql -p
mysql> create database zabbix;
mysql> grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by '<パスワード>';
mysql> flush privileges;
mysql> exit

5. Zabbixのインストール

# wget http://www.zabbix.jp/binaries/relatedpkgs/rhel5/i386/zabbix-jp-release-5-3.noarch.rpm
# rpm -ivh zabbix-jp-release-5-3.noarch.rpm
# rm zabbix-jp-release-5-3.noarch.rpm

6. Zabbixのリポジトリを変更

# alternatives --config zabbix-jp-release
 1           /usr/share/zabbix-jp-release/zabbix-jp-1.1.repo
 2           /usr/share/zabbix-jp-release/zabbix-jp-1.4.repo
*+ 3           /usr/share/zabbix-jp-release/zabbix-jp-1.6.repo
 4           /usr/share/zabbix-jp-release/zabbix-jp-1.8.repo
Enter を押して現在の選択 [+] を保持するか、選択番号を入力します:4

7. Zabbixのリポジトリを無効に設定(必要に応じて有効にする為)

# vi /etc/yum.repos.d/zabbix-jp.repo
[zabbix-jp]
enabled=1 → enabled=0 (変更)
[zabbix-jp-relatedpkgs]
enable=1 → enabled=0 (変更)

8. Zabbixのインストール

# yum install --enablerepo=zabbix-jp-relatedpkgs,zabbix-jp 
 zabbix zabbix-agent zabbix-server zabbix-server-mysql 
 zabbix-web zabbix-web-mysql

9. Zabbix用データベースの設定

# mysql -u zabbix -p<パスワード> zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-1.8.4/schema/mysql.sql
# mysql -u zabbix -p<パスワード> zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-1.8.4/data/data.sql
# mysql -u zabbix -p<パスワード> zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-1.8.4/data/images_mysql.sql

10. /etc/zabbix/zabbix_server.conf の修正

DBName=zabbix
DBUser=zabbix
DBPassword=<パスワード>

11. Zabbixの起動とOS起動時の設定(agent含む)

# /etc/init.d/zabbix-agent start
# /etc/init.d/zabbix-server start
# chkconfig zabbix-agent on
# chkconfig zabbix-server on

12. apacheを再起動

# /etc/init.d/httpd restart

13. Zabbixへログイン(初回ログイン時に初期設定)

http://<サーバIPアドレス>/zabbix/
アカウント名: admin
初期パスワード: zabbix

※エージェント(アカウント側プログラム)

CentOS 5 (i386)用
http://www.zabbix.jp/binaries/zabbix/zabbix-1.8/rhel5/i386/zabbix-agent-1.8.4-1.el5.JP.i386.rpm
Windows用
http://www.zabbix.jp/binaries/zabbix/zabbix-1.8/windows/zabbix_agent-1.8.4-1.JP_installer.exe

手順6でZabbix用のリポジトリを変更しても古いバージョンしかインストールできない場合は
yum clean all を実行してみるとうまくいくことがある。

※環境:
CentOS 5.5 (i386)
zabbix-1.8.4