2011年 12月 の記事

VMware ESXi 5 にパッチを適用する方法

VMware ESXi 5 にパッチを適用する方法は、以下の通り。

1. vSphere Clientからデータストアブラウザを使用して、datastore1へパッチをアップロード
パッチファイル名: ESXi500-201112001.zip

2. SSHサービスを開始

構成タブ -> ソフトウェア(セキュリティ プロファイル) -> サービス(プロパティ)
 -> SSH -> オプション -> 開始ボタン

3. メンテナンスモードへの切り替え

4. TeraTermからSSHで接続(チャレンジレスポンス認証)

5. パッチを適用

# esxcli software vib install -d  /vmfs/volumes/datastore1/ESXi500-201112001.zip

6. 再起動

7. メンテナンスモードの終了

環境:
VMware ESXi 5
ESXi500-201112001.zip

Linux Integration Services Version v3.2 for Hyper-V

Linux Integration Services Version v3.2 for Hyper-V をインストールする方法は以下の通り。

CentOS 6.x にインストール ( CentOS 5.x には v2.1 をインストール)

1. Linux IC v3.2.iso をダウンロード

Linux Integration Services Version v3.2 for Hyper-V – 日本語

2. Hyper-VマネージャーでLinux IC v3.2.iso をマウント

Hyper-V マネージャーから仮想マシンへ接続し、ISOファイルをマウント
メディア -> DVDドライブ -> ディスクの挿入 -> Linux IC v3.2.iso

3. 仮想マシンからマウント

# mount -o ro /dev/cdrom /media

レガシネットワークアダプターでネットワーク接続を有効にしておいてから
ISOファイルを仮想マシンへ転送し、マウントしてもOK

LinuxでISOファイル(CDイメージ)をマウントする方法

4. Linux Integration Services Version v3.2 for Hyper-V をインストール

# cd /media
# ./install.sh

5. アンマウントして仮想マシンを再起動

# cd
# umount /media
# sync; sync; sync
# reboot

環境:
CentOS 6.2 (x86_64)
Windows Server 2008 R2

CentOS 5 でカーネルをアップデートする方法

CentOS 5 でカーネルをアップデートする方法は以下の通り。

1. 必要なパッケージをインストール

# yum -y install kernel-devel gcc ncurses-devel

2. カーネルソースをダウンロード

# cd /usr/local/src
# wget http://www.kernel.org/pub/linux/kernel/v3.0/linux-3.1.6.tar.bz2

3. 展開

# tar jxvf linux-3.1.6.tar.bz2

4. 現在のカーネル設定をコピー

# cd linux-3.1.6
# cp /usr/src/kernels/`uname -r`-`uname -m`/.config .

5. 新しいカーネルの設定

# make menuconfig

6. すぐにESCを2回押すと、以下のメッセージが表示されるので<YES>を選択

Do you wish to save your new configuration? <ESC><ESC>  x
to continue.

7. 新しいカーネルの設定 ( .config ) に以下の2行を追加

CONFIG_SYSFS_DEPRECATED=y
CONFIG_SYSFS_DEPRECATED_V2=y

8. サンプル用のMakefile ( samples/Makefile ) を修正
(修正しないとコンパイルエラーになった)

# Makefile for Linux samples code
obj-$(CONFIG_SAMPLES)   += kobject/ kprobes/ tracepoints/ trace_events/ 
 hw_breakpoint/ kfifo/ kdb/ #hidraw/

9. カーネルコンパイル

# make bzImage && make modules && make modules_install && make install

10. rpmを作成する場合のみ実行( rpm-buildが必要)

# make rpm

11. 以下のファイルが作成されていることを確認

/boot/initrd-3.1.6.img
/boot/vmlinuz-3.1.6

initrdが存在しない場合は以下のコマンドを実行

# mkinitrd /boot/initrd-3.1.6.img 3.1.6

12. grub.conf に新しいカーネル用のエントリが存在していることを確認

【例】

default=1
title CentOS (3.1.6)
 root (hd0,0)
 kernel /vmlinuz-3.1.6 ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00
 initrd /initrd-3.1.6.img

default は新しいカーネルでの起動が確認できるまでは古いカーネルを指定した方が安全

13. 再起動し、新しいカーネルで起動

# sync; sync; sync
# reboot

14. 起動が確認できたら grub.conf の default を新しいカーネルに変更

環境:
CentOS 5.7 (x86_64)

CentOS に DAG (RPMforge) リポジトリを追加する方法

CentOS に DAG(rpmforge)リポジトリを追加する方法は以下の通り。

CentOS 6.x (x86_64)

# rpm -Uvh http://apt.sw.be/redhat/el6/en/x86_64/rpmforge/RPMS/rpmforge-release-0.5.2-2.el6.rf.x86_64.rpm

CentOS 6.x (i386)

# rpm -Uvh http://apt.sw.be/redhat/el6/en/i386/rpmforge/RPMS/rpmforge-release-0.5.2-2.el6.rf.i686.rpm

CentOS 5.x (x86_64)

# rpm -Uvh http://apt.sw.be/redhat/el5/en/x86_64/rpmforge/RPMS/rpmforge-release-0.5.2-2.el5.rf.x86_64.rpm

CentOS 5.x (i386)

# rpm -Uvh http://apt.sw.be/redhat/el5/en/i386/rpmforge/RPMS/rpmforge-release-0.5.2-2.el5.rf.i386.rpm

環境:
CentOS 5.7
CentOS 6.1

圧縮と解凍のコマンド

圧縮と解凍のコマンドを以下にまとめる。

xz

圧縮:xz FILENAME
解凍:unxz FILENAME.xz

tar.xz

圧縮:tar Jcvf FILENAME.tar.xz FILENAME
解凍:tar Jxvf FILENAME.tar.xz

bz2

圧縮:bzip2 FILENAME
解凍:bunzip2 FILENAME.bz2

tar.bz2

圧縮:tar Jcvf FILENAME.tar.bz2 FILENAME
解凍:tar Jxvf FILENAME.tar.bz2

gz

圧縮:gzip FILENAME
解凍:gunzip FILENAME.gz

tar.gz

圧縮:tar zxvf FILENAME.tar.gz
解凍:tar zcvf FILENAME.tar.gz FILENAME

Z

圧縮:compress FILENAME
解凍:uncomprees FILENAME.Z

tar.Z

圧縮:tar Zcvf FILENAME.tar.Z FILENAME
解凍:tar Zxvf FILENAME.tar.Z

zip

圧縮: zip FILENAME
解凍: unzip FILENAME.zip

環境:
CentOS 6.1

mail コマンドでファイルを添付する方法

mailコマンドでファイルを添付する方法は以下の通り。

sharutilsがインストールされていない場合は、インストールする。

# yum -y install sharutils
# uuencode <添付するファイル> <添付時のファイル名> | mail -s <件名> <宛先>

【コマンド例】

# uuencode /var/log/messages message.txt | mail -s 'SUBJECT' hoge1@example.com

環境:
CentOS 5.7
CentOS 6.1

Linux のページキャッシュを解放する方法

Linuxのページキャッシュを解放する方法は以下の通り。

# echo 1 > /proc/sys/vm/drop_caches

CentOS 6 を複製した後にやっておくこと

複製したCentOS 6 を起動すると、仮想NICが見えなくなっているので、以下の作業を実施しておく。

# rm /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules
# sync;sync;sync
# reboot

環境:
VMware ESXi 4.1 Update1
CentOS 6.1

expect サンプル

#! /usr/bin/expect
set timeout 10
log_file expect.log
spawn telnet 192.168.1.1
expect "login:"
send "rootr"
expect "Password:"
send "password\r"
expect "~]#"
puts "\r"
puts "################"
puts "#  expect test #"
puts "################"
send "ls -l\r"
expect "~]#"
send "exit\r"
#! /bin/sh
expect -c "
set timeout 10
log_file expect.log
spawn telnet 192.168.1.1
expect \"login:\"
send \"root\r\"
expect \"Password:\"
send \"password\r\"
expect \"~]#\"
puts \"\r\"
puts \"################\"
puts \"#  expect test #\"
puts \"################\"
send \"ls -l\r\"
expect \"~]#\"
send \"exit\r\"
"
TOP

INFORMATION

当サイトは備忘録であり、その内容を保証するものではありません。 当サイトまたはリンク先によるいかなるトラブルや損害に関しても、一切の責任を負いかねます。 当サイトの内容を無断で転用したり、転載する等の行為はおやめください。