2012年 1月 の記事

CentOS のパスワードアルゴリズムを変更する方法

CentOS のパスワードアルゴリズムを変更する方法は以下の通り。

【例】 sha-512の場合

# LANG=en_US.UTF-8 authconfig --passalgo=sha512 --update

passalgoに指定できるアルゴリズム: descrypt, bigcrypt, md5, sha256, sha512

確認

# LANG=en_US.UTF-8 authconfig --test | grep algorithm
 password hashing algorithm is sha512

環境:
CentOS 5
CentOS 6

CentOS で mkhomedir を有効にする方法

CentOS で mkhomedir を有効にする方法は以下の通り。

# LANG=en_US.UTF-8 authconfig --enablemkhomedir --update

確認

# LANG=en_US.UTF-8 authconfig --test | grep mkhomedir

CentOS5の場合

pam_mkhomedir is enabled ()

CentOS6の場合

pam_mkhomedir or pam_oddjob_mkhomedir is enabled ()

GUIインストール時に有効にする場合は、「ネットワークログインを使用する」ボタンを押し
「利用者の最初のログイン時にホームディレクトリーを作成する」にチェックを入れる。

authconfig 実行時にLANGを指定しないと以下のエラーが発生した。

# authconfig
Traceback (most recent call last):
 File "/usr/sbin/authconfig", line 848, in ?
 module.run()
 File "/usr/sbin/authconfig", line 423, in run
 self.parseOptions()
 File "/usr/sbin/authconfig", line 285, in parseOptions
 parser.parse_args(["-h"])
 File "/usr/lib/python2.4/optparse.py", line 1275, in parse_args
 stop = self._process_args(largs, rargs, values)
 File "/usr/lib/python2.4/optparse.py", line 1319, in _process_args
 self._process_short_opts(rargs, values)
 File "/usr/lib/python2.4/optparse.py", line 1426, in _process_short_opts
 option.process(opt, value, values, self)
 File "/usr/lib/python2.4/optparse.py", line 707, in process
 return self.take_action(
 File "/usr/lib/python2.4/optparse.py", line 728, in take_action
 parser.print_help()
 File "/usr/sbin/authconfig", line 48, in print_help
 file.write(self.format_help().decode(srcencoding).encode(encoding, "replace"))
 File "/usr/lib/python2.4/encodings/utf_8.py", line 16, in decode
 return codecs.utf_8_decode(input, errors, True)
UnicodeDecodeError: 'utf8' codec can't decode bytes in position 757-759: invalid data

環境:
CentOS 5
CentOS 6

CentOS 6 に dynamips-0.2.8RC2 をインストールする方法

CentOS 6 (x86_64) に dynamips-0.2.8RC2 をインストールする方法は以下の通り。

dynamips-0.2.8RC2-1.i386.rpm のインストール確認時に
libpcapがインストールされているにも関わらず、以下のエラーが発生した。

# rpm -i --test dynamips-0.2.8RC2-1.i386.rpm
エラー: 依存性の欠如:
 libpcap.so.0.9 は dynamips-0.2.8RC2-1.i386 に必要とされています

i386 の場合は、dynamips-0.2.8RC2-1.src.rpm から直接作成

# yum -y install libpcap-devel elfutils-libelf-devel-static
# rpmbuild --rebuild dynamips-0.2.8RC2-1.src.rpm

x86_64 の場合は、Makefile を修正する必要あり

# yum -y install libpcap-devel elfutils-libelf-devel-static
# rpm -i dynamips-0.2.8RC2-1.src.rpm
# cd rpmbuild/SOURCES/
# tar zxvf dynamips-0.2.8-RC2.tar.gz
# mv dynamips-0.2.8-RC2.tar.gz dynamips-0.2.8-RC2.tar.gz.org
# vi dynamips-0.2.8-RC2/Makefile

(Makefile修正前)

DYNAMIPS_ARCH?=x86
CFLAGS+=-I/usr/include -I. $(PTHREAD_CFLAGS)
 LIBS=-L/usr/lib -L. -ldl /usr/lib/libelf.a $(PTHREAD_LIBS)
 DESTDIR=/usr

( Makefile修正後)

DYNAMIPS_ARCH?=amd64
CFLAGS+=-I/usr/include -I. $(PTHREAD_CFLAGS)
 LIBS=-L/usr/lib64 -L. -ldl /usr/lib64/libelf.a $(PTHREAD_LIBS)
 DESTDIR=/usr

Makefileを修正したらパッケージ作成

# tar zcvf dynamips-0.2.8-RC2.tar.gz dynamips-0.2.8-RC2/*
# rpmbuild -ba ../SPECS/dynamips.spec

環境:
CentOS 6.2 (i386)
CentOS 6.2 (x86_64)

TOP

INFORMATION

当サイトは備忘録であり、その内容を保証するものではありません。 当サイトまたはリンク先によるいかなるトラブルや損害に関しても、一切の責任を負いかねます。 当サイトの内容を無断で転用したり、転載する等の行為はおやめください。