CentOS 5 にSymantec AntiVirus for Linux をインストールする方法は以下の通り。

Symantec AntiVirus for Linux のreadme.txtを確認。

Red Hat Enterprise Linux 5.5            default         2.6.18-194.el5
※リアルタイムスキャンを動作させるには、カーネル 2.6.18-194.el5 が必要。

1. JAVAランタイムのインストール(インストールされていれば不要)

# wget "http://javadl.sun.com/webapps/download/AutoDL?BundleId=59620" 
   -O jre-6u31-linux-i586-rpm.bin
# sh jre-6u31-linux-i586-rpm.bin
# echo export JAVA_HOME=/usr/java/latest/ >> /etc/profile
# . /etc/profile

2. カーネルのバージョンを確認

# uname -r
2.6.18-274.18.1.el5

3. カーネルのダウングレード
(オートプロテクトの機能を使用しない場合や、既にカーネルのバージョンが2.6.18-194なら不要)

# wget http://vault.centos.org/5.5/os/i386/CentOS/kernel-2.6.18-194.el5.i686.rpm
# rpm -ivh --oldpackage kernel-2.6.18-194.el5.i686.rpm

4. 再起動(手順1, 3をスキップしている場合は不要)

# sync; sync; sync
# reboot

5. カーネルのバージョンを再確認

# uname -r
2.6.18-194.el5

6. Symantec AntiVirus for Linux のインストール

# rpm -Uvh sav-1.0.10-26.i386.rpm
# rpm -Uvh savap-1.0.10-26.i386.rpm
# rpm -Uvh savjlu-1.0.10-26.i386.rpm

7. 動作確認

# /etc/init.d/rtvscand status
rtvscand is running
# /etc/init.d/symcfgd status
symcfgd is running
# /etc/init.d/autoprotect status
/dev/symap: does not exist

8. AutoProtectの起動(失敗)

# /etc/init.d/autoprotect start
Starting AP: symev: unable to load kernel support module
(UNSUPPORTED-OS-rh-UNK-UNK-2.6.18-194.el5-i386)

9. /etc/init.d/autoprotect の変更

102行目に以下の一行を追加

*CentOS release 5*) osprod=ES osver=5 ;;

10. AutoProtectの起動(成功)

# /etc/init.d/autoprotect start
Starting AP: symev: loaded (symev-rh-ES-5-2.6.18-194.el5-i686.ko)
symap: loaded (symap-rh-ES-5-2.6.18-194.el5-i686.ko)
Setting major=253 from /proc/symap

11. 動作確認

# /etc/init.d/autoprotect status
OK

12. ライブアップデートの実行

# /opt/Symantec/symantec_antivirus/sav liveupdate --update

Proxy環境の場合は /etc/liveupdate.conf に以下の一行を追加する

proxy=<Proxyサーバアドレス>:<ポート番号>

環境:
CentOS 5.7 (i386)
Symantec AntiVirus for Linux 1.0.10-26 (i386)

2.6.18-194.el5