Monit のアラートメールを日本語化する方法は以下の通り。

・件名だけ日本語化するなら、MIMEエンコードすれば良い。
・set mail-format でフォーマットを指定する。
・メールを直接送信するのではなく、一時メールサーバーに送信する。
・procmailでメールのヘッダーを書き換える。
・本来の宛先へメールを転送する。

設定例

一時メールサーバー: localhost
一時メールアドレス: hoge@localhost
本来の宛先: hoge@example.com

1. monit.confまたはmonitrcに以下の設定が有効になっていることを確認

include /etc/monit.d/*

2. set mail-format でフォーマットを指定するためのファイルを用意

header.txt

set mail-format {
   from: monit@example.com

subject.txt

   subject: monitアラート $EVENT $SERVICE

message.txt

   message:
日時:$DATE
ホスト名:$HOST
イベント:$EVENT
サービス名:$SERVICE
アクション:$ACTION
説明:$DESCRIPTION
}

3. set mail-format でフォーマットを指定

ディレクトリ(/etc/monit.d/)が存在しない場合は作成しておく

# cat header.txt > /etc/monit.d/mail-format.conf
# cat subject.txt | nkf -Mj >> /etc/monit.d/mail-format.conf
# cat message.txt | nkf -j >> /etc/monit.d/mail-format.conf

4. monit.confまたはmonitrcの宛先とメールサーバーを変更

set alert hoge@localhost
set mailserver localhost

5. procmailのインストール

# yum -y install procmail

6. 転送用のファイルを作成

# su - hoge

~/.forward

"|IFS=' ' && exec /usr/bin/procmail -f- || exit 75 #hoge"

~/.procmailrc

:0
* ^Content-Type:
| /usr/bin/formail \
-I "Content-Type: text/plain; charset=iso-2022-jp" \
-I "To: hoge@example.com" \
| sendmail -oi -t

7. Monitの再起動

$ exit
# /etc/init.d/monit restart

環境:
CentOS 6.3 (x86_64)
Monit 5.4
procmail-3.22-25.1.el6.x86_64