CentOS 6 に Zabbix をインストールする方法は以下の通り。

1. SELinux(/etc/selinuc/config)をpermissiveまたは、disabledに設定

#SELINUX=enforcing
SELINUX=permissive
# setenforce 0

2. 必要なパッケージをインストール

# yum -y install httpd mysql-server php php-mysql

3. 次のURLから環境にあわせたパッケージをダウンロード (今回は zabbix-release-2.2-1.el6.noarch.rpm)

http://repo.zabbix.com/zabbix/2.2/rhel/6/x86_64/

4. Zabbix のインストール

# wget http://repo.zabbix.com/zabbix/2.2/rhel/6/x86_64/zabbix-release-2.2-1.el6.noarch.rpm
# rpm -ivh zabbix-release-2.2-1.el6.noarch.rpm
# yum -y install zabbix-server zabbix-web

5. /etc/my.cnf の編集 (デフォルト文字コードを UTF-8 に変更する場合)

[mysqld]
default-character-set=utf8

6. MySQL の起動

# service mysqld start

7. DB と DBユーザーの作成

# mysqladmin password password -u root
# mysql -ppassword
mysql> CREATE DATABASE zabbix;
mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON zabbix.* TO zabbix@localhost IDENTIFIED BY 'password';
mysql> FLUSH PRIVILEGES;
mysql> exit

手順4をスキップし、作成するDBのみ文字コードをUTF-8に変更する場合は次の通りです。
文字コードが latin1 のままだと Windows イベントログを取得した際に文字化けした。

mysql> CREATE DATABASE zabbix CHARACTER SET utf8;

8. スキーマの拡張

# mysql -u zabbix -ppassword zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.2.1/create/schema.sql
# mysql -u zabbix -ppassword zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.2.1/create/images.sql
# mysql -u zabbix -ppassword zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.2.1/create/data.sql

9. /etc/zabbix/zabbix_server.conf の編集

#DBUser=root
DBUser=zabbix

# DBPassword=
DBPassword=password

10. 日本語フォント表示対策

# mv /usr/share/zabbix/fonts/graphfont.ttf /usr/share/zabbix/fonts/graphfont.ttf.org
# ln -s /usr/share/fonts/ipa-pgothic/ipagp.ttf /usr/share/zabbix/fonts/graphfont.ttf

11. Zabbix の起動

# service zabbix-server start

12. /etc/httpd/conf/httpd.conf の編集

CentOS 6 に Apache をインストールする方法 の項目2 を参照

13. /etc/php.ini の編集(以下を追記する)

[Date]
date.timezone="Asia/Tokyo"

14. Apache の起動

# service httpd start

15. MySQL, Apache, Zabbix の起動設定

# chkconfig mysqld on
# chkconfig httpd on
# chkconfig zabbix-server on

16. /etc/sysconfig/iptables の編集

-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 80 -j ACCEPT
-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 10050 -j ACCEPT
-A INPUT -p udp --dport 162 -j ACCEPT

17. iptables の再起動

# service iptables restart

18. ブラウザから次のURLへアクセス

http://<IPアドレス>/zabbix/

19. Zabbix の設定

(1) Welcome to Zabbix 2.2

「Next」を押して次へ

(2) Check of pre-requisites

すべて OK になっていることを確認し「Next」を押して次へ

(3) Configure DB connection

Type: MySQL
Host: localhost
Port: 0
Name: zabbix
User: zabbix
Password: password
上記を入力し、「Test connection」を押し OK になったら「Next」を押して次へ

(4) Zabbix server details

Host: localhost
Port: 10051
Name:
上記を確認し、「Next」を押して次へ

(5) Pre-Installation summary

Database type: MySQL
Database server: localhost
Database port: default
Database name: zabbix
Database user: zabbix
Database password: ********
Zabbix server: localhost
Zabbix server port: 10051
Zabbix server name:
上記を確認し、「Next」を押して次へ

(6)Install

「Finish」を押して完了
アカウント: admin
パスワード: zabbix

ログイン後、右上の「Profile」をクリック、「Language」から「Japanese(Ja_JP)」を選択すると、日本語メニューにできます。

環境:
CentOS 6.5 (x86_64)
Zabbix-2.2.1