カテゴリー : SRSS

Sun Desktop Access Client から SRS へ接続する方法

Sun Desktop Access ClientからSRS(Sun Ray Server)へ接続する方法は以下の通り。

1. SDAC(Sun Desktop Access Client)をWindows OSへインストール。

2. Sun Ray AdministrationでSDACを使用できるように設定する

「詳細」タブ→「システムポリシー」の
「使用可能」のチェックボックスをオンにする

3. SRSの再起動

「サーバ」タブからウォームリスタートまたはコールドリスタート

4. SDACを起動し、「接続先サーバー」を指定して「接続」ボタンを押す

##### 参考 #####

外部のDHCPサーバを利用している場合、SDACの「接続先サーバー」を「自動検索」にした状態ではSRSを見つけられないことがある。DHCPサーバからoption 43の応答がないことが原因ならSRSのIPアドレスを応答することで解決する場合がある。

SRSのIPアドレスを16進数に変換し、頭に「0x23」「0x04」をつけて応答させるとうまくいった。

(例)SRSのIPアドレスが192.168.1.11の場合

192.168.1.11 → 0xC0 0xA8 0x01 0x0B
返答する文字列
23 04 c0 a8 01 0b

Solaris 10 の SRS から Windows OS へ接続する方法

Solaris 10のSRS(Sun Ray Server)からWindows OSへ接続する方法は以下の通り。

1. SRWC(Sun Ray Connector for Windows)用にグループを作成

# groupadd srwc

2. SRWCの展開

# unzip srwc_2.2_solaris.zip

3. SRWCのインストール

# cd srwc_2.2
# ./installer
(以下のメッセージが表示されたら、作成したSRWC用のグループを指定する)
Enter the name of a pre-existing group for use by the Sun Ray Connector:
srwc

4. 環境変数の設定(PATHの追加)

# vi /etc/profile
PATH=${PATH}:/opt/SUNWkio/bin:/opt/SUNWut/sbin:/opt/SUNWut/srds/sbin:/opt/SUNWut/bin:/opt/SUNWuttsc/bin:/opt/SUNWuttsc/sbin
export PATH

5. SRWCの構成

# uttscadm -c

6. SRSの再起動

# utrestart

6. Windows OSへの接続
SRSへ接続した端末(シンクライアント)のターミナルから以下のコマンドを実行する

$ uttsc -b -m -l ja:IME <Windows OSのIPアドレス>

環境:
Solaris 10 10/09 (x86)
Sun Ray Server Software 4.2 (SRS5)

##### 参考 #####

キオスクモードの設定は、CentOS 5の場合と同じ手順となるため割愛。

Solaris 10 に SRSS をインストールする方法

Solaris 10にSRSS(Sun Ray Server Software)をインストールする方法は以下の通り。

1. SRSSパッケージの展開

# unzip srss_4.2_solaris.zip

2. JAVAのインストール

# cd srss_4.2/Supplemental/Java_Runtime_Environment/Solaris/
# ./jre-6u13-solaris-i586.sh

Do you agree to the above license terms? [yes or no]
yes 

# mv jre1.6.0_13/ /usr/

(/usr/java -> /usr/jdk/jdk1.5.0_20 が既に存在していたので削除)
# rm /usr/java

# ln -s /usr/jre1.6.0_13/ /usr/java

3. TOMCATのインストール

# cd ../../Apache_Tomcat/
# gunzip -c apache-tomcat-5.5.20.tar.gz | tar xvf -
# mv apache-tomcat-5.5.20 /opt/
# ln -s /opt/apache-tomcat-5.5.20/ /opt/apache-tomcat

4. SRSSのインストール

# cd ../../
# ./utinstall
Accept (Y/N): Y
Do you want to install Sun Ray Server Software 4.2
 French Admin GUI (Y/[N]):
Do you want to install Sun Ray Server Software 4.2
 Japanese Admin GUI (Y/[N]): Y
Do you want to install Sun Ray Server Software 4.2
 Simplified Chinese Admin GUI (Y/[N]):

Kiosk Mode 4.2                           not installed
Enter Java v1.6 (or later) location [/usr/java]:

Continue? ([Y]/N):

5. 環境変数の設定(PATHの追加)

# vi /etc/profile
PATH=${PATH}:/opt/SUNWkio/bin:/opt/SUNWut/sbin:/opt/SUNWut/srds/sbin:/opt/SUNWut/bin
export PATH

6. 再起動

# sync; sync; sync; init 6

7. SRSSのネットワーク設定(以下の3つのケースのうち、いずれかを実行する)

(ケース1)外部DHCPを利用する場合(DHCPサーバを構成しない場合)

# utadm -L on

(ケース2)DHCPサーバを構成する場合

# utadm -A <ネットワークアドレス>

(ケース3)専用のインターコネクトを構成する場合

# utadm -a <インターフェイス名>

ネットワークの設定が完了したら、Sun Ray Serverを再起動

# utrestart

8. Sun Ray Administrationの設定

# utconfig

Continue ([y]/n)?
Enter Sun Ray admin password:<パスワードを入力>
Re-enter Sun Ray admin password:<パスワードを入力>

Configure Sun Ray Web Administration? ([y]/n)?
Enter Apache Tomcat installation directory [/opt/apache-tomcat]:
Enter HTTP port number [1660]:
Enable secure connections? ([y]/n)?
Enter HTTPS port number [1661]:
Enter Tomcat process username [utwww]:

(リモートからの接続が必要な場合「y」)
Enable remote server administration? (y/[n])? y

(キオスクモードが必要な場合「y」)
Configure Sun Ray Kiosk Mode? (y/[n])? y

Enter user prefix [utku]:
Enter group [utkiosk]:
Enter userID range start [150000]:
Enter number of users [25]:

(failoverの設定が不要な場合「n」)
Configure this server for a failover group? (y/[n])?

Continue ([y]/n)?

9. ファームウェアのアップデートファイルを作成

# utfwadm -A -a -V

10. 再起動

# sync; sync; sync; init 6

11. 以下のホスト名をDNSで名前解決できるようにする

sunray-servers
sunray-config-servers

環境:
Solaris 10 10/09 (x86)
Sun Ray Server Software 4.2(SRS5)

CentOS 5 の SRS から Windows OS に接続する方法

CentOS 5のSRS(Sun Ray Server)からWindows OSに接続する方法は以下の通り

1. SRWC(Sun Ray Connector for Windows)の展開

# unzip srwc_2.2_linux.zip

2. SRWCのインストール

# cd srwc_2.2
# ./installer

Accept (Y/N): Y

3. 環境変数の設定(PATHの追加)

echo 'PATH=${PATH}:/opt/SUNWuttsc/bin:/opt/SUNWuttsc/sbin' > /etc/profile.d/srwc.sh
echo 'export PATH' >> /etc/profile.d/srwc.sh

4. SRWCの構成

# uttscadm -c
Enter complete location for libcrypto.so.0.9.7 [/lib/libcrypto.so.0.9.7a] : /lib/libcrypto.so.0.9.8e

5. SRSの再起動

# utrestart

6. Windows OSへの接続
SRSへ接続した端末(シンクライアント)のターミナルから以下のコマンドを実行する

$ uttsc -b -m -l ja:IME <Windows OSのIPアドレス>

環境:
CentOS 5.5 (i386)
Sun Ray Server Software 4.2(SRS5)
Sun Ray Connector for Windows 2.2

##### 参考 #####

・キオスクモードでWindows OSへ接続する
キオスクモードを使用すれば、中継するOSを意識することなくWindows OSへ接続できる

1. Sun Ray Administrationでキオスクモードの設定をする

「詳細」タブ→「キオスクモード」の編集ボタンを押し、以下のように設定する

セッション: Sun Ray Connector for Windows OS
タイムアウト: 12000(秒)
最大CPU時間:
最大VMサイズ:
最大ファイル数:
最大ファイルサイズ:
ロケール:
引数: -m -l ja:IME <Windows OSのIPアドレス>

2. Sun Ray Administrationでキオスクモードを有効にする

「詳細」タブ→「システムポリシー」にある「キオスクモード 使用可能」の
チェックボックスをオンにし、「保存」ボタンを押す

3. SRSの再起動

CentOS 5 に SRSS をインストールする方法

CentOS 5にSRSS ( Sun Ray Server Software )をインストールする方法は以下の通り。

1. 必要なパッケージをインストールしておく

# yum -y install glib openldap-clients compat-libstdc++-33 
   dhcp tftp-server

2. SRSSパッケージの展開

# unzip srss_4.2_linux.zip

3. JAVAのインストール

# cd srss_4.2/Supplemental/Java_Runtime_Environment/Linux
# ./jre-6u13-linux-i586.bin

Do you agree to the above license terms? [yes or no]
yes 

# mv jre1.6.0_13/ /usr/
# ln -s /usr/jre1.6.0_13/ /usr/java

4. TOMCATのインストール

# cd ../../Apache_Tomcat/
# tar zxvf apache-tomcat-5.5.20.tar.gz -C /opt/
# ln -s /opt/apache-tomcat-5.5.20/ /opt/apache-tomcat

5. SRSSのインストール

# cd ../../
# ./utinstall

Accept (Y/N): Y
Do you want to install Sun Ray Server Software 4.2
 French Admin GUI (Y/[N]):
Do you want to install Sun Ray Server Software 4.2
 Japanese Admin GUI (Y/[N]): Y
Do you want to install Sun Ray Server Software 4.2
 Simplified Chinese Admin GUI (Y/[N]):
Kiosk Mode 4.2                           not installed

Enter Java v1.6 (or later) location [/usr/java]:

Continue? ([Y]/N):

6. 環境変数の設定(PATHの追加)

# echo 'PATH=${PATH}:/opt/SUNWkio/bin:/opt/SUNWut/sbin:/opt/SUNWut/srds/sbin:/opt/SUNWut/bin' > /etc/profile.d/srss.sh
# echo 'export PATH' >> /etc/profile.d/srss.sh

7. 再起動

# sync; sync; sync; init 6

8. SRSSのネットワーク設定(以下の3つのケースのうち、いずれかを実行する)
ケース1以外は、初回コマンド入力時のみDHCPサーバが自動起動する設定に変更される。
( chkconfig –level 5 dhcpd on )

(ケース1)外部DHCPを利用する場合(DHCPサーバを構成しない場合)

# utadm -L on

(ケース2)DHCPサーバを構成する場合

# utadm -A <ネットワークアドレス>

(ケース3)専用のインターコネクトを構成する場合

# utadm -a <インターフェイス名>

ネットワークの設定が完了したら、Sun Ray Serverを再起動

# utrestart

9. Sun Ray Administrationの設定

# utconfig

Continue ([y]/n)?
Enter Sun Ray admin password: <パスワードを入力>
Re-enter Sun Ray admin password: <パスワードの確認>

Configure Sun Ray Web Administration? ([y]/n)?
Enter Apache Tomcat installation directory [/opt/apache-tomcat]:
Enter HTTP port number [1660]:
Enable secure connections? ([y]/n)?
Enter HTTPS port number [1661]:
Enter Tomcat process username [utwww]:

リモートからの接続が必要な場合「y」
Enable remote server administration? (y/[n])? y

キオスクモードが必要な場合「y」
Configure Sun Ray Kiosk Mode? (y/[n])? y

Enter user prefix [utku]:
Enter group [utkiosk]:
Enter userID range start [150000]:
Enter number of users [25]:

failoverの設定が不要な場合「n」
Configure this server for a failover group? (y/[n])?

Continue ([y]/n)?

10. ファームウェアのアップデートファイルを作成

# utfwadm -A -a -V

TFTPサーバがインストールされていない場合は以下のメッセージが表示される。

Error: Unsupported platform or TFTP package not installed

11. 再起動

# sync; sync; sync; init 6

12. 以下のホスト名をDNSで名前解決できるようにする

sunray-servers
sunray-config-servers

環境:
CentOS 5.5 (i386)
Sun Ray Server Software 4.2(SRS5)

##### 参考 #####

・Sun Ray Administrationへの接続方法は、ブラウザから以下のURLへアクセスする

(非SSL)http://<SRSSのIPアドレス>:1660/
(SSL)https://<SRSSのIPアドレス>:1661/

・Sun Ray Administrationの接続制限

/opt/SUNWut/webadmin/conf/webadmin.conf の以下の項目で設定する

remote.access=127.0.0.1 #(ローカルからの接続のみ許可)
remote.access=.* #(リモートからの接続を許可)

設定後、Sun Ray Administrationを再起動
# utwebadmin restart

・DHCPパッケージは、外部DHCPサーバを利用する場合でもインストールする必要がある
インストールしていない場合、以下のメッセージが表示されコマンドが入力できない。

Error: DHCP packages are not installed.  These are the Binary
        File Format data modules used to store the DHCP data.  These
        packages are required for Sun Ray interface configuration.

・手順8のケース2やケース3の場合、/etc/hostsに自ホスト名のエントリが
存在しないと、以下のメッセージが表示されてしまう。

Error: host IP address must be set
Set host IP address and try again

64bit版にインストールする際に、手順9で以下のエラーメッセージが表示される

/opt/SUNWut/sbin/utpw: error while loading shared libraries:
libgdbm.so.3: cannot open shared object file: No such file or directory
Password validation, utpw failed with unknown exit status 127

gdbm-1.8.3.tar.gzをダウンロードしてコンパイル・インストールしてシンボリックリンクを作成する

# unzip gdbm-1.8.3.tar.gz
# cd gdbm-1.8.3
# ./configure
# make
# make install
# ln -s /usr/local/lib/libgdbm.so.3 /usr/lib/libgdbm.so.3

やはり手順9でエラーメッセージが表示される。

/opt/SUNWut/sbin/utpw: error while loading shared libraries:
libgdbm.so.3: wrong ELF class: ELFCLASS64
Password validation, utpw failed with unknown exit status 127

これを回避するには2つの方法がある。

(1) libgdbm.so.2をlibgdbm.so.3としてシンボリックリンクを作成する

# yum -y install gdbm.i386
# ln -s /usr/lib/libgdbm.so.2 /usr/lib/libgdbm.so.3

(2) 32bit環境のCentOS5でgdbmをコンパイルして64bit環境へコピーする

その後、以下のエラーが発生した。

# cat /var/log/messages

XKeepsCrashing.sunray: GDM can't start X server.
# cat /var/log/gdm/*.log

/opt/SUNWut/lib/Xnewt: error while loading shared libraries:
libXfont.so.1: cannot open shared object file: No such file or directory

これを解決するにはlibXfont.i386をインストールすればOK

# yum -y install libXfont.i386

これでやっとログイン画面が表示された。

TOP

INFORMATION

当サイトは備忘録であり、その内容を保証するものではありません。 当サイトまたはリンク先によるいかなるトラブルや損害に関しても、一切の責任を負いかねます。 当サイトの内容を無断で転用したり、転載する等の行為はおやめください。