カテゴリー : Hyper-V

Linux Integration Services Version v3.2 for Hyper-V

Linux Integration Services Version v3.2 for Hyper-V をインストールする方法は以下の通り。

CentOS 6.x にインストール ( CentOS 5.x には v2.1 をインストール)

1. Linux IC v3.2.iso をダウンロード

Linux Integration Services Version v3.2 for Hyper-V – 日本語

2. Hyper-VマネージャーでLinux IC v3.2.iso をマウント

Hyper-V マネージャーから仮想マシンへ接続し、ISOファイルをマウント
メディア -> DVDドライブ -> ディスクの挿入 -> Linux IC v3.2.iso

3. 仮想マシンからマウント

# mount -o ro /dev/cdrom /media

レガシネットワークアダプターでネットワーク接続を有効にしておいてから
ISOファイルを仮想マシンへ転送し、マウントしてもOK

LinuxでISOファイル(CDイメージ)をマウントする方法

4. Linux Integration Services Version v3.2 for Hyper-V をインストール

# cd /media
# ./install.sh

5. アンマウントして仮想マシンを再起動

# cd
# umount /media
# sync; sync; sync
# reboot

環境:
CentOS 6.2 (x86_64)
Windows Server 2008 R2

Hyper-V のインストールの前後で変化する Intel VT 対応の表示

Hyper-Vのインストールの前後で変化するIntel VT対応の表示は以下の通り。

Hyper-Vの役割インストール前
Hyper-Vの役割インストール後
Hyper-Vの役割インストール前
Hyper-Vの役割インストール後
Hyper-Vの役割インストール前
Hyper-Vの役割インストール後

環境:
Windows Server 2008 R2 SP1
Core2Quad Q9650

Linux Integration Services v2.1 for Windows Server 2008 Hyper-V R2

Linux Integration Services v2.1 for Windows Server 2008 Hyper-V R2 を
インストールする方法は以下の通り。

1. Linux Integration Services v2.1 for Windows Server 2008 Hyper-V R2を
ダウンロードし、EXEファイルを実行するとISOイメージになる。
子パーティション(ゲストOS)の仮想DVDドライブへISOファイルをマウントする。
Linux Integration Services v2.1 for Windows Server 2008 Hyper-V R2

2. adjtimexをインストール (x64の場合のみ必要)

# yum -y install adjtimex

3. ISOファイルの中身を適当な場所へコピーし、実行する。

# cp -R /media/CDROM/ /opt/linux_ic_v21_rtm
# cd /opt/linux_ic_v21_rtm
# make
# make install

4. 子パーティション(ゲストOS)を再起動する。

# sync; sync; sync
# reboot

### 注意点 ###

Betaバージョンと同じく、統合サービスのインストール後にカーネルをアップデートして
アップデート後のカーネルで再起動すると、起動時にカーネルパニックが発生した。
(統合サービスをインストールしたカーネルバージョンなら起動できる)
カーネルのアップデート後に、unameに細工をして統合サービスを再度インストールすれば
アップデート後のカーネルで問題なく起動した。

環境:
Windows Server 2008 R2(親パーティション)
CentOS 5.5(子パーティション)

Linux Integration Services for Microsoft Hyper-V v2.1 Beta

Linux Integration Components for Windows Server 2008 Hyper-V R2から
Linux Integration Services for Microsoft Hyper-V バージョン2.1 ベータへアップデート
する方法は以下の通り。

1. Linux Integration Services for Microsoft Hyper-Vをダウンロードし、子パーティション(ゲストOS)の
仮想DVDドライブへISOファイルをマウントする。
Linux Integration Services for Microsoft Hyper-V

2. ISOファイルの中身を適当な場所へコピーし、実行する。

# ./setup.pl drivers

3. 子パーティション(ゲストOS)を再起動する。

まだベータ版ではあるものの、待望の機能が追加されている。
・親パーティション(管理OS)との時刻同期機能
・統合シャットダウン機能(Hyper-Vマネージャから制御できる)
・SMP機能(最大4vCPU)

時刻同期されるようになったので、時間が進む場合の clock=pit や 遅れる場合の noapic, nolapic, nosmp
が不要になる。あわせてntpdを停止したが、今のところ時刻がずれていくことはない。

注意点として、統合サービスを適応した環境でyumを利用してカーネルをアップデートし、アップデートした
カーネルで起動すると、カーネルパニックを起こしてしまうので、アップデート後のカーネルバージョンに
あわせて用意しておかなければならない。

setup.plを実行すると、unameを実行してカーネルバージョンを確認しているので
アップデート後のカーネルバージョンをこたえるように、unameを細工すれば良い。
今回は、setup.pl実行時に偽uname(Shellスクリプト)に入れ替え、作業後にオリジナルunameに戻した。
(uname -r, uname -p, uname -m のように、3種類の引数に答えるようにしておけば、うまくいった)

環境:
Windows Server 2008 R2(親パーティション)
CentOS 5.4(子パーティション)

Linux Integration Components for Windows Server 2008 Hyper-V R2(v2.0)

TOP

INFORMATION

当サイトは備忘録であり、その内容を保証するものではありません。 当サイトまたはリンク先によるいかなるトラブルや損害に関しても、一切の責任を負いかねます。 当サイトの内容を無断で転用したり、転載する等の行為はおやめください。