カテゴリー : VMware

VMware ESXi 5 にパッチを適用する方法

VMware ESXi 5 にパッチを適用する方法は、以下の通り。

1. vSphere Clientからデータストアブラウザを使用して、datastore1へパッチをアップロード
パッチファイル名: ESXi500-201112001.zip

2. SSHサービスを開始

構成タブ -> ソフトウェア(セキュリティ プロファイル) -> サービス(プロパティ)
 -> SSH -> オプション -> 開始ボタン

3. メンテナンスモードへの切り替え

4. TeraTermからSSHで接続(チャレンジレスポンス認証)

5. パッチを適用

# esxcli software vib install -d  /vmfs/volumes/datastore1/ESXi500-201112001.zip

6. 再起動

7. メンテナンスモードの終了

環境:
VMware ESXi 5
ESXi500-201112001.zip

CentOS 6 を複製した後にやっておくこと

複製したCentOS 6 を起動すると、仮想NICが見えなくなっているので、以下の作業を実施しておく。

# rm /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules
# sync;sync;sync
# reboot

環境:
VMware ESXi 4.1 Update1
CentOS 6.1

VMware ESX/ESXi のディスクプロビジョニングタイプを変更する方法

VMware ESX/ESXiのディスクプロビジョニングタイプを変更する方法は以下の通り。

シンからシックの場合

データストアの参照→仮想HDD(vmdk)ファイルを右クリック→拡張

シックからシンの場合

VMware Storage VMotion時に変更

環境:
VMware ESXi 4.1

VMware vSphere Management Assistant (vMA)をデプロイする方法

VMware vSphere Management Assistant (vMA)をデプロイする方法は以下の通り。

1. vMAをダウンロード(vMA-4.1.0.0-268837.zip)

2. vMAを解凍

3. vSphere Clientからデプロイ

「ファイル」→「OVSテンプレートのデプロイ」を選び
解凍したファイル(vMA-4.1.0.0-268837.ovf)を選択

4. vMAをパワーオン

5. 初回起動時にネットワークとvm-adminユーザのパスワードを設定

6. Alt+F2 を押す(初期画面に戻るには Alt+F1)

7. vi-adminユーザでログイン

8. タイムゾーンの変更

$ date
Sun Mar 13 00:00:00 EST 2011

Eastern Standard Time(EST)になっている

$ sudo vi /etc/sysconfig/clock
ZONE="America/New_York" → ZONE="Asia/Tokyo"
$ sudo cp -p /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime
$ date
Sun Mar 13 14:00:00 JST 2011

Japan Standard Time(JST)になった

環境:
VMware ESXi 4.1
VMware vSphere Management Assistant 4.1

VMware vSphere 4 (ESX 4)のゲスト OS の SCSI コントローラタイプ

VMware vSphere 4(ESX 4)のゲストOSのSCSIコントローラタイプには以下の4つがある。

BusLogic パラレル
LSI Logic パラレル
LSI Logic SAS
VMware 準仮想化

この中で、用意されているドライバは以下の3種類。

BusLogic パラレル
(vmscsi-1.2.1.0-signed.flp)

VMware 準仮想化 / Windows Server 2003
(pvcsci-1.0.0.5-signed-Windows2003.flp)

VMware 準仮想化 / Windows Server 2008
(pvscsi-1.0.0.5-signed-Windows2008.flp)

※Windows Serverは別途ドライバを用意することなくLSI Logicパラレルを使用できる。

これら以外のドライバは、以下を利用すれば良い。

LSI Logic パラレル
(LSI20320-R)

LSI Logic SAS
(LSISAS1068)

ドライバを用意しないでインストールを進めると、以下のメッセージが表示されセットアップが中断される。
「コンピュータにハード ディスク ドライブがインストールされていませんでした。」
ダウンロードしたドライバをFDイメージ化し、拡張子をflpにすれば使用できた。

環境:
VMware vSphere 4(Update 1)

##### 参考 #####

SCSIドライバのFDイメージ化作業

ダウンロードしたファイル:

LSI20320-R_xp_50700_01034132IT_1201800_1005239.zip

作成したFDイメージ:

LSI20320-R_xp_x86.flp
# unzip -d LSI20320-R_xp_x86 
   LSI20320-R_xp_50700_01034132IT_1201800_1005239.zip
# cd LSI20320-R_xp_x86/
# unzip -d symmpi_wXP symmpi_wXP_1201800.ZIP
# dd if=/dev/zero of=LSI20320-R_xp_x86.flp bs=1024 count=1440
# mkdosfs LSI20320-R_xp_x86.flp
# mkdir /mnt/vfd
# mount -o loop LSI20320-R_xp_x86.flp /mnt/vfd/
# cp symmpi_wXP/* /mnt/vfd/
# umount /mnt/vfd
TOP

INFORMATION

当サイトは備忘録であり、その内容を保証するものではありません。 当サイトまたはリンク先によるいかなるトラブルや損害に関しても、一切の責任を負いかねます。 当サイトの内容を無断で転用したり、転載する等の行為はおやめください。