カテゴリー : Hardware

Hyper-V のインストールの前後で変化する Intel VT 対応の表示

Hyper-Vのインストールの前後で変化するIntel VT対応の表示は以下の通り。

Hyper-Vの役割インストール前
Hyper-Vの役割インストール後
Hyper-Vの役割インストール前
Hyper-Vの役割インストール後
Hyper-Vの役割インストール前
Hyper-Vの役割インストール後

環境:
Windows Server 2008 R2 SP1
Core2Quad Q9650

Juniper SSG5 のメモリ増設(換装)

Juniper SSG5のメモリにはノート用メモリ(SO DIMM/DDR)を流用できる。

ただし、起動時にSPDの情報をチェックしているので、単純にメモリを換装すると
以下のメッセージが表示される。

###This DDR SDRAM is invalid.####
Please power off and change the DDR SDRAM!!

SPDの情報を適切に変更することで、問題なく動作した。

I-O DATA PC2700 (DDR333) S.O.DIMM 512MB  (SDD333-512M/EC)
Transcend 256MB DDR266 SO-DIMM CL2.5 (型番不明)

### 注意点 ###

256MBのメモリをそのまま256MBとして設定するとScreen OSのイメージ展開時に
以下のメッセージが表示され、動作しない。(128MBとして設定すれば問題なく動作した)
### invalid image file ###
SPDのチェックサムは不整合が起きている(チェックしていない?)
Cisco 1812Jではチェックしているようで、電源投入時にチェックサムエラーが表示された
512MBとして設定すると、Screen OSのイメージ展開後にコンフィグを読み込む
段階でハングアップした。(完全に沈黙・無応答)

Cisco ASA5505 のメモリ増設(換装)

Cisco ASA5505のメモリには、デスクトップ用メモリ(DIMM/DDR)を流用できる。

購入時には以下のメモリがインストールされていた。

VIKING 256MB (VR4CU326426ETP-MF)

以下の2品とも問題なく動作した。

SAMSUNG 512MB DDR PC3200 CL3 (M368L6523CUS-CCC)
I-O DATA PC3200 (DDR400) DIMM 1GB (DR400-1G/EC)

### 参考 ###

M368L6523CUS-CCC

Hardware:   ASA5505, 512 MB RAM, CPU Geode 500 MHz

Cisco 1812J のメモリ増設

Cisco 1812Jのメモリにはノート用メモリ(SO DIMM/DDR)を流用できる。

以下の2品とも、問題なく動作した。

SILICON POWER SO-DIMM (DDR400) 512MB (SP512MBSDU400O02)
I-O DATA PC2700 (DDR333) S.O.DIMM 512MB  (SDD333-512M/EC)

### 参考 ###

初期状態

Cisco 1812-J (MPC8500) processor (revision 0x300) with 118784K/12288K bytes of memory.

SP512MBSDU400O02

Cisco 1812-J (MPC8500) processor (revision 0x300) with 589824K/65536K bytes of memory.

SDD333-512M/EC

Cisco 1812-J (MPC8500) processor (revision 0x300) with 589824K/65536K bytes of memory.

Sun Advanced Lights Out Manager (ALOM) の使い方

Sun Advanced Lights Out Manager (ALOM) の使い方は以下の通り。

ログイン方法

シリアルケーブルを接続し、ユーザ名を入力する
user: admin
pass: 初回ログイン時に設定

ILOM環境でALOMを使うにはユーザを作成し、そのユーザでログインする必要がある。

-> create /SP/users/admin role=Administrator cli_mode=alom

ホストサーバへ接続(Solaris OSプロンプトへ接続)

sc> console [-f]
-f: コンソール書き込みロックを取得する

指定ユーザのパスワードの変更

sc> userpassword <ユーザ名>

パスワードを変更

sc> password

アクセス権を指定

sc> userperm <ユーザ名> <アクセス権>

ユーザパラーメータの表示

sc> usershow <ユーザ名>

ユーザ一覧の表示

sc> usershow

ユーザの追加

sc> useradd <ユーザ名>

ユーザの削除

sc> userdel <ユーザ名>

okプロンプトへの切り替え

sc> break
sc> console

SCセットアップスクリプト

sc> setupsc
Should the SC network interface be enabled?
有効にする→true またはそのままリターン
無効にする→false
設定後にリセットする必要がある。

ALOMのリセット

sc> resetsc

IPアドレスの設定

sc> setsc if_network true
sc> setsc netsc_ipaddr 192.0.2.100
sc> setsc netsc_ipnetmask 255.255.255.0
sc> setsc if_connection ssh
sc> setsc netsc_dhcp false

ホストサーバのリセット

sc> poweroff [-f]
f: 強制
sc> poweron [-c]
c: 完了後、ただちにSolaris OSコンソールに切り替える
sc> reset [-x]
x: 強制

PS0のパワーオン

sc> poweron PS0
f: 強制

ALOMのバージョンの表示

sc> showsc version [-v]

LED状態の確認

sc> showlocator

LEDのオンまたはオフを切り替える

sc> setlocator [on | off]

サーバ環境状態の表示

sc> showenvironment

ALOMの設定のバックアップ

sc> dumpconfig [-t] -s <IPアドレス> -f <パス名>
t: 暗号化しない

ALOMの設定のリストア

sc> restoreconfig -s <IPアドレス> -f <パス名>

NVRAM構成パラメータを表示

sc> showsc

仮想キースイッチの状態の表示

sc> showkeyswitch

仮想キースイッチの位置を制御

sc> setkeyswitch [normal | stby | diag | locked] [-y]

ハードウェア構成に関する情報の確認

sc> showplatform

ホストサーバーコンソールの出力バッファーを表示

sc> consolehistory

イベントの履歴を表示

sc> showlogs [-v]

現在のネットワーク構成情報を表示

sc> shownetwork [-v]

警告と関連するLEDを、オンまたはオフに切り替える

sc> setalarm [critical | major | minor | user] [on | off]
ホストサーバへブレーク信号を送信する
sc> break [-y] [-c]
y: yes/noを質問しないで実行する
c: コマンド完了後、ただちにSolaris SO コンソールに切り替える

ALOMファームウェアを更新する

flashupdate [-v] -s <IPアドレス> -f <パス名>/alomfw
v: 詳細な情報を表示する

ホストサーバのOpenBootROMファームウェアの起動方法を制御

sc> bootmode 
[skip_diag, diag, reset_nvram, normal, bootscript="string"]

ALOMからログアウトする

sc> logout

日付・時間の表示

sc> showdate

日付・時間の設定

sc> setdate MMDDhhmmYYYY
sc> setdate hhmm
YYYY: 年
MM: 月
DD: 日
hh: 時
mm: 分

ヘルプの表示

sc> help
sc> help power

電源を取り外す準備

sc> removefru PS0

SSHの再起動

sc> restartssh

ALOM 構成変数を出荷時のデフォルト値に戻す

sc> setdefaults

FRUの状態を表示

sc> showfru

SCの遠隔接続タイプを表示

sc> showsc if_connection [none | telnet | ssh]

SCプロンプトの表示を変更

sc> setsc sc_cliprompt <文字列>

##### 参考 #####

Solaris OSプロンプトから制御するコマンドは以下の通り

scadm

scadmでALOMのIPアドレスを設定する

# scadm set if_network true
# scadm set netsc_ipaddr 192.0.2.100
# scadm set netsc_ipnetmask 255.255.255.0
# scadm set if_connection ssh
# scadm set netsc_dhcp false

Sun Integrated Lights Out Manager (ILOM) の使い方

Sun Integrated Lights Out Manager (ILOM) の使い方は以下の通り。

ログイン方法

シリアルケーブルを接続し、ユーザ名とパスワードを入力する
user: root
pass: changeme
(デフォルトパスワード)

サーバーのマザーボードに関するステータス情報を表示

-> show /SYS/MB

ホストサーバの起動

-> start /SYS

ホストサーバのシャットダウン

-> stop /SYS

ホストサーバのリセット

-> reset /SYS

ILOMのリセット

-> reset /SP

Solaris OSのプロンプトへ切り替える

-> start /SP/console

Solaris OSのプロンプトを終了する

#.

ユーザを作成

-> create /SP/users/<ユーザ名> role=<役割> cli_mode=<モード>

(例)ALOM用のユーザを作成

-> create /SP/users/<ユーザ名> role=Administrator cli_mode=alom

IPアドレスの設定

-> cd /SP/network
-> set pendingipaddress=192.0.2.100
-> set pendingipnetmask=255.255.255.0
-> set pendingipgateway=192.0.2.1
-> set pendingipdiscovery=static
-> set commitpending=true

NW設定の表示

-> show /SP/network

サービス状態の確認

-> show /SP/services/http
-> show /SP/services/https
-> show /SP/services/ssh

アラーム情報の表示

-> show /SP/alert/rules

クロックの表示

-> show /SP/clock

クロックを設定してNTPサーバと同期

-> set /SP/clients/ntp/server1 address=<IPアドレス>

NTPサービスを有効にする

-> set /SP/clock/usentpserver=enabled

HTTPからHTTPS へリダイレクト

-> set /SP/services/http secureredirect=true

HTTPS ポートを 445 に変更する

-> set /SP/services/https port=445

ILOMのバージョン表示

-> version

CLI コマンドすべてを表示

-> show /SP/cli/commands

ILOMファームウェアのアップデート

-> load -source tftp://<IPアドレス>/<ファイル名>

パスワードの変更

-> set /SP/users/<ユーザ名> password

役割の変更

-> set /SP/users/<ユーザ名> role=<役割>

##### 参考 #####

Solaris OSプロンプトから制御するコマンドは以下の通り

scadm

CentOS5 で RAM DISK を作成する方法

CentOS5で、RAM DISKを作成する方法は以下の通り。

1. マウント場所を作成する
(例) マウント場所を/mnt/ramdisk にする場合

# mkdir /mnt/ramdisk

2. RAM DISKを作成する

# mount -t tmpfs -o size=<容量> /dev/shm /mnt/ramdisk

(例)RAM DISKの容量を4GBに設定する場合

# mount -t tmpfs -o size=4g /dev/shm /mnt/ramdisk

Solaris10 で RAM DISK を作成する方法

Solaris10で、RAM DISKを作成する方法は以下の通り。

1. /etc/system に以下の行を追加する

set ramdisk:rd_percent_physmem=<割合>

(例)搭載メモリの80%をRAM DISKとして使用

set ramdisk:rd_percent_physmem=80

この設定をしないと、次のエラーが発生することがある

ramdiskadm: couldn't create ramdisk "<RAM DISK名>"
: Resource temporarily unavailable

2. OSを再起動する

# shutdown -y -g0 -i6

3. RAM DISKを作成する。

# ramdiskadm -a <名前> <容量>

(例)RAM DISKの名前をramdisk0、容量を4GBに設定する場合

# ramdiskadm -a ramdisk0 4g

4. zfsにプールする。

# zpool create <pool名> /dev/ramdisk/<RAM DISK名>

(例)pool名をrampool0、RAM DISK名をramdisk0

# zpool create rampool /dev/ramdisk/ramdisk0

環境:
Solaris 10 10/9
OpenSolarisでも同様に作成可能

TOP

INFORMATION

当サイトは備忘録であり、その内容を保証するものではありません。 当サイトまたはリンク先によるいかなるトラブルや損害に関しても、一切の責任を負いかねます。 当サイトの内容を無断で転用したり、転載する等の行為はおやめください。