カテゴリー : IPv6

CentOS 6 で IPv6 を無効化する方法 その2

前回のCentOS 6 で IPv6 を無効化する方法では、ネットワークの再起動で以下のメッセージが表示される。

# service network restart
インターフェース eth0 を終了中:                            [  OK  ]
ループバックインターフェースを終了中                       [  OK  ]
FATAL: Module off not found.
ループバックインターフェイスを呼び込み中                   [  OK  ]
インターフェース eth0 を活性化中:                          [  OK  ]
FATAL: Module off not found.

次の方法のどちらかの設定であれば、上記メッセージが表示されない。
いずれも /etc/modprobe.d/ipv6_disable.conf を作成して記述する。

install ipv6 /bin/true
install ipv6 /sbin/modprobe -n -i ipv6

環境:
CentOS 6.2 (x86_64)

IPv6 を無効化した環境で Postfix が warning メッセージを出力する

IPv6を無効化した環境の postfix で以下のwarning メッセージが発生した。

# newaliases
newaliases: warning: inet_protocols: IPv6 support is disabled: Address family not supported by protocol
newaliases: warning: inet_protocols: configuring for IPv4 support only
postalias: warning: inet_protocols: IPv6 support is disabled: Address family not supported by protocol
postalias: warning: inet_protocols: configuring for IPv4 support only

/etc/postfix/main.cf を修正すると表示されなくなった。

#inet_protocols = all
inet_protocols = ipv4

環境:
CentOS 6.2 (x86_64)
postfix-2.6.6-2.2.el6_1

CentOS 5 で ipv6 を無効にする方法

CentOS 5で ipv6 を無効にする方法は以下の通り。

/etc/modprobe.conf に以下の一行を追加。

install ipv6 /sbin/modprobe -n -i ipv6

参考:

以下の方法ではうまくいかなかった。

/etc/sysconfig/network

NETWORKING_IPV6=no

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

IPV6INIT=no
IPV6_AUTOCONF=no

/etc/modprobe.conf

alias ipv6 off
alias net-pf-10 off

環境:
CentOS 5.7 (x86)

TOP

INFORMATION

当サイトは備忘録であり、その内容を保証するものではありません。 当サイトまたはリンク先によるいかなるトラブルや損害に関しても、一切の責任を負いかねます。 当サイトの内容を無断で転用したり、転載する等の行為はおやめください。