カテゴリー : CentOS 5

CentOS 5 に Scalix をインストールする方法

CentOS 5にScalixをインストールする方法は以下の通り。

1. 必要なパッケージをインストールする

# yum install compat-libstdc++-296 sendmail-cf 
postgresql postgresql-server

2. /etc/hostsを修正する

# vi /etc/hosts

127.0.0.1にlocalhostやlocalhost.localdomain以外のホスト名があれば削除しておく。
scalixをインストールするサーバのFQDNを追記しておく。
(DNSで解決できればインストール時のチェックは通るが、念のため書いておく)

3. Scalixのインストーラを起動する

# sh scalix-11.4.6-GA-community-rhel5-intel.bin

4. 使用許諾を読み、同意するなら「yes」と答える

Do you agree? (yes/no) yes

5. ファイルの展開が完了したと表示されるので、エンターを押す

Archive extraction complete. Press <Return> to see the README. -->

6. 展開されたパッケージを起動する旨を問われるので、「yes」と答える

Do you want to run the package that was unpacked
automatically? (yes/no) [yes]

7. インストール方法を問われるので、どちらかを選択する

Please choose an action from the list:
[1] Install all Scalix components (typical)
[2] Install one or more Scalix components (custom)
-> Please enter your choice [1]:

8. インストールパッケージが表示される
継続する場合は「yes」と答える

=== Packages Installation ===

Searching for latest Scalix packages...

Install the following components:
  * Scalix Libical (required for Scalix Server)
    (version 0.27.20071008-1)
  * Scalix Character Set Detection (required for Scalix Server)
    (version 1.0.20071031-1.rhel5 [1.rhel5])
  * Scalix Server
    (version 11.4.6.13676-1.rhel5 [1.rhel5])
  * Scalix DB
    (version 11.4.6.2718-1)
  * Scalix Apache/Tomcat Connector
    (version 11.4.6.1020-1.rhel5 [1.rhel5])
  * Scalix Tomcat
    (version 5.5.28-1047)
  * Scalix Messaging Services
    (version 11.4.6.2822-1)
  * Scalix Management Agent
    (version 11.4.6.5113-1)
  * Scalix Web Access
    (version 11.4.6.12377-1)
  * Scalix Management Services
    (version 11.4.6.5113-1)
  * Scalix iconv Extras
    (version 1.2-1.rhel5 [1.rhel5])
  * Scalix Search and Index Service
    (version 11.4.6.1175-1)
  * Scalix Mobile Client
    (version 11.4.6.961-1)

-> Do you want to continue installing the packages? (yes/no) [yes]

9. システムチェック後、継続する場合はエンターを押す

Performing system check...

* Environment check... OK
* Filesystem check... OK
* Network check... OK
* Dependency check... OK
* Running services check... OK
* Community license check... OK

-> Press Enter to begin installation:

10.  プライマリメールノード名を入力する

=== Server Configuration ===

-> Enter the name of the primary mailnode on this server [mail]:

11. ドメイン名を入力する

=== Default Address Format ===

-> Domain name []:example.com

12 . 表示名のフォーマットを選択する

Display name format:

[1] Firstname Lastname
    (e.g. "James Kirk")
[2] Lastname, Firstname
    (e.g. "Kirk, James")
[3] Lastname Firstname
    (e.g. "Kirk James")
[4] Firstname Middleinitial. Lastname
    (e.g. "James T. Kirk")
[5] Lastname, Firstname Middleinitial.
    (e.g. "Kirk, James T.")

-> Please enter your choice [1]:3

13. メールアドレスのフォーマットを選択する

Internet address format:

[1] Use display name format
    (e.g. "kirk.james@example.com")
[2] Firstname_Middleinitial_Lastname
    (e.g. "james_t_kirk@example.com")
[3] Firstname.Middleinitial.Lastname
    (e.g. "james.t.kirk@example.com")
[4] Firstname.Lastname
    (e.g. "james.kirk@example.com")
[5] Firstname_Lastname
    (e.g. "james_kirk@example.com")
[6] Lastname.Firstname
    (e.g. "kirk.james@example.com")
[7] Lastname_Firstname
    (e.g. "kirk_james@example.com")
[8] firstinitialmiddleinitiallastname
    (e.g. "jtkirk@example.com")
[9] firstinitiallastname
    (e.g. "jkirk@example.com")
[10] firstinitialmiddleinitiallastinitial
    (e.g. jtk@example.com)

-> Please enter your choice [1]:6

14. 管理者名とパスワードの設定

The Admin user account is used to manage the Scalix Server using the
Management Console.  Enter an admin username and password:

-> Username [sxadmin]:

-> Enter password:

-> Confirm password:

-> Unique Email Address [sxadmin-mail@example.com]:

15. ライセンスがあれば入力する

-> Enter the location of your license key file or enter
"None" to run the server without a license []:

16. サーバの内部で使用するパスワードを入力する

=== Secure Communication ===
Please enter a password that the Scalix Management Services will use to
authenticate with the Scalix Server. If you plan to install multiple
Scalix Servers, please keep this password in a safe place. You MUST use
the same password during installation of additional servers.

-> Enter password:

-> Confirm password:

17. PostgreSQLのDBパスワードを入力する

=== PostgreSQL Configuration ===

-> Enter database password:

-> Confirm password:

18. 日本語化パッチの展開

# tar zxvf scalix-11.4.6-GA-jpatch-1.tgz

19. 日本語化パッチのインストール

# cd scalix-11.4.6-GA-jpatch-1
# ./scalix-ja-installer

20. ブラウザから以下のURLにアクセスする

管理者画面

http://<IPアドレス>/sac/
http://mail.example.com/sac/

ユーザ画面

http://<IPアドレス>/webmail/
http://mail.example.com/webmail/

環境:
CentOS 5.5 (i386)
Scalix 11.4.6

CentOS 5 に RoundCube WebMail をインストールする方法

CentOS 5にRoundCube WebMailをインストールする方法は以下の通り。

1. apacheをインストールし、自動で起動するように設定する
(インストールされている場合は不要)

# yum install httpd
# chkconfig httpd on

2. MySQLサーバをインストール、自動で起動するように設定する
(インストールされている場合は不要)

# yum install mysql-server
# chkconfig mysqld on

3. php-5.2をインストールするための準備

# vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Testing.repo

以下、CentOS-Testing.repoの内容

[testing]
name=CentOS-$releasever - Testing
baseurl=http://dev.centos.org/centos/$releasever/testing/$basearch/
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=http://dev.centos.org/centos/RPM-GPG-KEY-CentOS-testing

4. php-5.2をインストール
(旧バージョンのphpがインストールされている場合はupdate)

# rpm --import http://dev.centos.org/centos/RPM-GPG-KEY-CentOS-testing
# yum --enablerepo=testing install php php-mysql 
php-mcrypt php-gd php-xml php-pear php-devel 
php-pecl-Fileinfo php-mbstring

5. gccをインストール
(インストールされている場合は不要)

# yum install gcc

6. fileinfoのインストール

# pecl install fileinfo

7. php.iniのタイムゾーンを設定
(設定してある場合は不要)

# vi /etc/php.ini
date.timezone="Asia/Tokyo"

8. MySQLの起動

# /etc/init.d/mysqld start

9. RoundCube WebMail用のDB作成とユーザ作成

# mysql
mysql> CREATE DATABASE roundcubemail;
mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON roundcubemail.* TO
    -> roundcube@localhost IDENTIFIED BY 'pass';

10. RoundCube WebMailの展開

# tar xvzf roundcubemail-0.4-beta.tar.gz

11. RoundCube WebMailの配置

# mv roundcubemail-0.4-beta /var/www/html/webmail

12. apacheの起動
(起動している場合は再起動)

# /etc/init.d/httpd start

(インストール直後の場合は、/etc/httpd/conf/httpd.confのServerNameを修正する必要がある)

13. ブラウザからインストールウィザードへアクセスする

http://<IPアドレス>/webmail/installer/

14. 画面下にある「START INSTALLATION」ボタンを押す

15. RoundCube Webmail Installer – 1. Check environment
画面下にある「NEXT」を押す
(PostgreSQLとSQLite以外の状態がすべてOKになっていること)

16. RoundCube Webmail Installer – 2. Create config
必要に応じて、項目の値を変更する。
IMAPとSMTP Settingsはサーバ欄が空欄になっているのでそれぞれサーバを指定すること。
変更したら、画面下にある「CREATE CONFIG」ボタンを押す。

17. RoundCube Webmail Installer – 2. Create config
main.inc.phpとdb.inc.phpが作成されるので、ダウンロードして指定されたディレクトリ
(/var/www/html/webmail/config/)へコピーする。
(画面上の黄色い四角の中のメッセージに、コピー先のディレクトリ名が書いてある)

18. RoundCube WebMailディレクトリのオーナーをapacheに変更

# chown -R apache:apache /var/www/html/webmail/

19. RoundCube Webmail Installer – 2. Create config
画面中ほどにある「CONTINUE」ボタンを押す。

20. RoundCube Webmail Installer – 3. Test config
「Initialize database」ボタンを押す
SMTPサーバ設定やIMAPサーバ設定の接続を試験できる

21. mail_domainの修正

# vi /var/www/html/webmail/config/main.inc.php
$rcmail_config['mail_domain'] = 'example.com';

(ここを修正しないとIMAPサーバ名=ドメイン名になってしまう)

22. ブラウザからRoundCube WebMailへアクセスする

http://<IPアドレス>/webmail

環境:
CentOS 5.5 (i386)
RoundCube WebMail 0.4 beta

Zimbra のメールリレーで SMTP 認証する方法

ZimbraのメールリレーでSMTP認証する方法は以下の通り
(ISPによってはOP25Bが適用されており、外部へ直接メールを送信できない場合がある)

1. Zimbraの管理者画面から外部配信用のリレーMTAの設定をする
「サーバーステータス」 → 「サーバー」 → 「該当サーバ」 → 「MTA」タブ

メールサーバ: <ISPのメールサーバ>
ポート番号: 25 または587

2. SMTP認証用のハッシュDBの下準備をする

echo <メールリレー先> <ユーザ名>:<パスワード> > 
/opt/zimbra/postfix/conf/smtpauth_password

(例)

echo mailgw.example.com hogehoge:password > 
/opt/zimbra/postfix/conf/smtpauth_password

3. SMTP認証用のハッシュDBを作成する

/opt/zimbra/postfix/sbin/postmap 
hash:/opt/zimbra/postfix/conf/smtpauth_password

4. Postfixの設定を変更する

/opt/zimbra/postfix/sbin/postconf -e 
smtp_sasl_password_maps=hash:/opt/zimbra/conf/smtpauth_password

/opt/zimbra/postfix/sbin/postconf -e 
smtp_sasl_mechanism_filter=plain,login

/opt/zimbra/postfix/sbin/postconf -e 
smtp_sasl_security_options="noanonymous"

5. Postfixをリロードする

/opt/zimbra/postfix/sbin/postfix reload

環境:
CentOS 5.5 (i386)
Zimbra 6.0.6.1 GA

CentOS 5 に Zimbra をインストールする方法

CentOS 5にZimbraをインストールする方法は以下の通り。

1. 必要に応じてHTTP、SMTP、POP、IMAPなどの各種サーバを停止する
(Zimbraに同梱されているパッケージを使用するため)

# service httpd stop
# service sendmail stop
# service postfix stop
# service dovecot stop

2. 必要に応じてHTTP、SMTP、POP、IMAPなどの自動起動を停止する
(Zimbraに同梱されているパッケージを使用するため)

# chkconfig httpd off
# chkconfig sendmail off
# chkconfig postfix off
# chkconfig dovecot off

3. sysstatをインストールする

# yum -y install sysstat

4. hostsに、ZimbraをインストールするホストのFQDNを書いておく

(例) /etc/hosts
192.0.2.100     mail.example.com

5. Zimbraのインストーラ(シェルスクリプト)を起動する
(オプションに platform-overrideをつけることで、RHEL 5のパッケージをCentOS 5にインストールできる)

# tar xzvf zcs-6.0.6_GA_2330.RHEL5.20100505210236.tgz
# cd zcs-6.0.6_GA_2330.RHEL5.20100505210236
# ./install.sh --platform-override

6. 以下のメッセージが表示されたらリターンキーを押す

Press Return to continue

7. 以下のメッセージが表示されたら必要なら「Y」、不要なら「N」と答える
( [ ] 内はデフォルト値)

Install zimbra-ldap [Y]
Install zimbra-logger [Y]
Install zimbra-mta [Y]
Install zimbra-snmp [Y]
Install zimbra-store [Y]
Install zimbra-apache [Y]
Install zimbra-spell [Y]
Install zimbra-memcached [N]
Install zimbra-proxy [N]

8. 以下のメッセージが表示されたら「Y」と答える

Install anyway? [N] Y
The system will be modified.  Continue? [N] Y

9. 以下のメッセージが表示されたら、ドメイン名を変更する場合は[Yes]と答え変更する
(ホスト名をドメイン名としているようなので、ほとんどの場合で変更が必要になると思われる)

Change domain name? [Yes]
Create domain: [mail.example.com] example.com

10. 以下の画面が表示されたら、必要な項目を設定する
管理者のパスワードが未設定なので「3」を選択する
(*******と表示されている箇所の設定が必要)

Main menu
   1) Common Configuration:                                                 
   2) zimbra-ldap:                             Enabled                      
   3) zimbra-store:                            Enabled                      
        +Create Admin User:                    yes                          
        +Admin user to create:                 admin@example.com        
******* +Admin Password                        UNSET                        
        +Enable automated spam training:       yes                          
        +Spam training user:                   spam.hfxwfbm2q@example.com
        +Non-spam(Ham) training user:          ham.0p97jrx87n@example.com
        +Global Documents Account:             wiki@example.com         
        +SMTP host:                            mail.example.com         
        +Web server HTTP port:                 80                           
        +Web server HTTPS port:                443                          
        +Web server mode:                      http                         
        +IMAP server port:                     143                          
        +IMAP server SSL port:                 993                          
        +POP server port:                      110                          
        +POP server SSL port:                  995                          
        +Use spell check server:               yes                          
        +Spell server URL:                     http://mail.example.com:7780/aspell.php
        +Configure for use with mail proxy:    FALSE                        
        +Configure for use with web proxy:     FALSE                        
        +Enable version update checks:         TRUE                         
        +Enable version update notifications:  TRUE                         
        +Version update notification email:    admin@example.com        
        +Version update source email:          admin@example.com        
   4) zimbra-mta:                              Enabled                      
   5) zimbra-snmp:                             Enabled                      
   6) zimbra-logger:                           Enabled                      
   7) zimbra-spell:                            Enabled                      
   8) Default Class of Service Configuration:                               
   r) Start servers after configuration        yes                          
   s) Save config to file                                                   
   x) Expand menu                                                           
   q) Quit                                   
Address unconfigured (**) items  (? - help) 3

11. 以下の画面が表示されるので、「4」を選択する

Store configuration
   1) Status:                                  Enabled                      
   2) Create Admin User:                       yes                          
   3) Admin user to create:                    admin@example.com        
** 4) Admin Password                           UNSET                        
   5) Enable automated spam training:          yes                          
   6) Spam training user:                      spam.hfxwfbm2q@example.com
   7) Non-spam(Ham) training user:             ham.0p97jrx87n@example.com
   8) Global Documents Account:                wiki@example.com         
   9) SMTP host:                               mail.example.com         
  10) Web server HTTP port:                    80                           
  11) Web server HTTPS port:                   443                          
  12) Web server mode:                         http                         
  13) IMAP server port:                        143                          
  14) IMAP server SSL port:                    993                          
  15) POP server port:                         110                          
  16) POP server SSL port:                     995                          
  17) Use spell check server:                  yes                          
  18) Spell server URL:                        http://mail.example.com:7780/aspell.php
  19) Configure for use with mail proxy:       FALSE                        
  20) Configure for use with web proxy:        FALSE                        
  21) Enable version update checks:            TRUE                         
  22) Enable version update notifications:     TRUE                         
  23) Version update notification email:       admin@example.com        
  24) Version update source email:             admin@example.com        
Select, or 'r' for previous menu [r] 4

12. 管理者のパスワードを入力する

Password for admin@example.com (min 6 characters): [B4znewUzq]

13. 管理者のパスワードを設定したら「r」を選んで前の画面に戻る
以下の画面が表示されたら「a」を選択する

Main menu
   1) Common Configuration: 
   2) zimbra-ldap:                             Enabled
   3) zimbra-store:                            Enabled
   4) zimbra-mta:                              Enabled
   5) zimbra-snmp:                             Enabled
   6) zimbra-logger:                           Enabled
   7) zimbra-spell:                            Enabled
   8) Default Class of Service Configuration:
   r) Start servers after configuration        yes
   s) Save config to file
   x) Expand menu
   q) Quit
*** CONFIGURATION COMPLETE - press 'a' to apply
Select from menu, or press 'a' to apply config (? - help) a

14. 設定を保存するかを聞かれるので、「Yes」と答える

Save configuration data to a file? [Yes]

15. システムを変更していいかを聞かれるので、「Yes」と答える

The system will be modified - continue? [No] Yes

16. インストール作業をZimbraに通知するかを聞かれるので、通知するなら「Yes」しないなら「No」と答える

Notify Zimbra of your installation? [Yes]

17. インストール作業が完了すると以下のメッセージが表示される

Configuration complete - press return to exit

環境:
CentOS 5.5 (i386)
Zimbra 6.0.6.1 GA

##### 参考 #####

Zimbraへのアクセスは以下の通り

管理者画面
https://mail.example.com:7071/

ユーザ画面
http://mail.example.com/

Zimbraをインストールすると、以下のパッケージが一緒にインストールされていた

altermime-0.3-dev
amavisd-new-2.6.4
aspell-0.60.6
bdb-4.7.25.4
clamav-0.95.3
curl-7.20.0
cyrus-sasl-2.1.23.3z
dspam-3.9.0
heimdal-1.3.1
httpd-2.2.14
jdk1.6.0_16
jetty-6.1.22.z6
libtool-2.2.6b
mysql-standard-5.0.90-pc-linux-gnu-i686-glibc23
net-snmp-5.5
openldap-2.4.21.7z
openssl-0.9.8n
postfix-2.6.5.2z
tcmalloc-1.5

CentOS の MTA を切り替えるコマンド

複数のMTAがインストールされている、CentOSのMTAを切り替えるコマンドは以下の通り。

# alternatives --config mta

または

# system-switch-mail

system-switch-mailを使う場合は、別途yumでインストールする必要がある。

# yum -y install system-switch-mail

alternativesでのMTAの設定を表示するコマンドは以下の通り。

# alternatives --display mta

alternativesで変更できる項目は他に、javaやprint、kshなどがある。
/etc/alternatives/にあるものが対象となっている模様。

CentOS 5 起動時にOracle Database 11g R2 を自動的に起動させる方法

CentOS 5起動時に、Oracle Database 11g R2を自動的に起動させる方法は以下の通り。

1. /etc/oratabを変更する

(変更前)
orcl:/u01/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_1:N
(変更後)
orcl:/u01/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_1:Y

2. /etc/init.d/に起動スクリプト(dbora)を置く

3. dboraに実行権を与える

# chmod +x /etc/init.d/dbora

4. 起動スクリプトを有効にする

# chkconfig --add dbora

環境:
CentOS 5.4
Oracle Database 11g R2

### サンプル(dbora) ###

#! /bin/bash
#
# dbora       Startup Script Oracle Database 11g
#
# chkconfig: 345 99 10
# description: Oracle Database 11g
# Source function library.
. /etc/rc.d/init.d/functions

# Oracle Database 11g
ORACLE_BASE=/u01/app/oracle
ORACLE_HOME=/u01/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_1
ORACLE_OWNER=oracle
# Path
DB_START="${ORACLE_HOME}/bin/dbstart ${ORACLE_HOME}"
EM_START="${ORACLE_HOME}/bin/emctl start dbconsole"
DB_STOP="${ORACLE_HOME}/bin/dbshut ${ORACLE_HOME}"
EM_STOP="${ORACLE_HOME}/bin/emctl stop dbconsole"
prog=dbora
RETVAL=0
case "$1" in
   start)
      su - ${ORACLE_OWNER} -c "${DB_START}"
      su - ${ORACLE_OWNER} -c "${EM_START}"
      ;;
   stop)
      su - ${ORACLE_OWNER} -c "${EM_STOP}"
      su - ${ORACLE_OWNER} -c "${DB_STOP}"
      ;;
   restart|reload)
      $0 stop
      $0 start
      ;;
   *)
      echo $"Usage: ${prog} {start|stop|restart|reload}"
      exit 1
esac

exit $RETVAL

CentOS 5 に Oracle Database 11g R2 をインストールする方法

CentOS5にOracle Database 11g R2をインストールする方法は以下の通り。

1. oinstall, dba, operグループの作成
(rootユーザにて実施)

# groupadd oinstall
# groupadd dba
# groupadd oper

2. oracleユーザの作成
(rootユーザにて実施)

# useradd -g oinstall -G dba,oper oracle

3. oracle, dbadmユーザのパスワード設定
(rootユーザにて実施)

# passwd oracle

4. インストールディレクトリの作成
(rootユーザにて実施)

# mkdir -p /u01/app
# chown -R oracle:oinstall /u01/app
# chmod -R 775 /u01/app

5. 環境変数等の変更
/etc/profileに以下の内容を追記する

##### Oracle Database 11g R2 #####
if [ ${USER} = "oracle" ]; then
    if [ ${SHELL} = "/bin/ksh" ]; then
        ulimit -p 16384
        ulimit -n 65536
    else
        ulimit -u 16384 -n 65536
    fi
    umask 022
fi
export ORACLE_OWNER=oracle
export ORACLE_BASE=/u01/app/oracle
export ORACLE_HOME=${ORACLE_BASE}/product/11.2.0/dbhome_1
export ORACLE_SID=orcl
export PATH=${PATH}:${ORACLE_HOME}/bin
export LD_LIBRARY_PATH=${ORACLE_HOME}/lib
export NLS_LANG=Japanese_Japan.UTF8
#(EUCの場合はJapanese_Japan.JA16EUC)
#(SJISの場合はJapanese_Japan.JA16SJIS)
#####

6. limits.confの設定
/etc/security/limits.confに以下の内容を追記する

oracle soft nproc 2047
oracle hard nproc 16384
oracle soft nofile 1024
oracle hard nofile 65536

7. PAMの設定
/etc/pam.d/loginに以下の内容を追加する

session    required     pam_limits.so

8. インストールの準備
(oracleユーザにて実施)

$ unzip linux.x64_11gR2_database_1of2.zip
$ unzip linux.x64_11gR2_database_2of2.zip

(32bit版OSの場合は、linux_11gR2_database_1of2.zipとlinux_11gR2_database_2of2.zipを解凍)

9. インストーラの起動
(oracleユーザにて実施/Xが必要)

$ database/runInstaller

10. インストール ステップ1
セキュリティの問題について、通知をメールで受け取りたい場合はメールアドレスを入力する

11. インストール ステップ2
以下の3つから選択する(今回選択したものを●、選択しなかったものを○)

●データベースの作成および構築
○データベース・ソフトウェアのみインストール
○既存のデータベースをアップグレード

12. インストール ステップ3
以下の2つから選択する(今回選択したものを●、選択しなかったものを○)

○デスクトップ・クラス
●サーバー・クラス

13. インストール ステップ4
以下の2つから選択する(今回選択したものを●、選択しなかったものを○)

●単一インスタンス・データーベースのインストール
○Real Application Clustersデータベースのインストール

14. インストール ステップ5
以下の2つから選択する(今回選択したものを●、選択しなかったものを○)

○標準インストール
●拡張インストール

15. インストール ステップ6
製品を実行する言語を選択する

選択された言語: 日本語・英語

16. インストール ステップ7
以下の3つから選択する(今回選択したものを●、選択しなかったものを○)

●Enterprise Edition
○Standard Edition
○Standard Edition One

17. インストール ステップ8
Oracleベースとソフトウェアの場所を設定する

Oracleベース: /u01/app/oracle
ソフトウェアの場所: /u01/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_1

18. インストール ステップ9
インベントリ・ディレクトリとoraInventoryグループ名を設定する

インベントリ・ディレクトリ: /u01/app/oraInventory
oraInventoryグループ名: oinstall

19. インストール ステップ10
以下の2つから選択する(今回選択したものを●、選択しなかったものを○)

●汎用目的/トランザクション処理
○データ・ウェアハウス

20. インストール ステップ11
グローバル・データベース名とOracleサービス識別子(SID)を設定する

グローバル・データベース名: orcl
Oracleサービス識別子(SID): orcl

21. インストール ステップ12
メモリ、キャラクタ・セット、セキュリティ、サンプル・スキーマを設定する

メモリ:
自動メモリー管理有効: チェックオン
メモリーの割り当て: 40%

キャラクタ・セット: 以下の3つから選択する(今回選択したものを●、選択しなかったものを○)

●デフォルトを使用
○Unicode(AL32UTF8)を使用
○次のキャラクタ・セットのリストから選択

セキュリティ:

すべての新規セキュリティ設定のアサート: チェックオン

サンプル・スキーマ:

サンプル・スキーマ付きデータベースを作成: チェックオフ

22. インストール ステップ13
以下の2つから選択する(今回選択したものを●、選択しなかったものを○)

○データベース管理に既存のGrid Controlを使用します
●データベース管理にDatabase Controlを使用します
電子メール通知を有効にします: チェックオフ

23. インストール ステップ14
以下の2つから選択する(今回選択したものを●、選択しなかったものを○)

●ファイルシステム
   データベース・ファイルの位置の指定: /u01/app/oracle/database
○自動ストレージ管理

24. インストール ステップ15
以下の2つから選択する(今回選択したものを●、選択しなかったものを○)

○自動バックアップを有効にしない
●自動バックアップを有効にする
   リカバリ領域記憶域:
      ●ファイルシステム
         リカバリ領域の場所: /u01/app/oracle/recovery_area
      ○自動ストレージ管理
      バックアップ・ジョブのオペレーティング・システムの資格証明:
      ユーザ名: oracle
      パスワード: (oracleユーザのパスワードを入力する)

25. インストール ステップ16
以下の2つから選択する(今回選択したものを●、選択しなかったものを○)

○次のアカウントごとに、異なるパスワードを使用
●すべてのアカウントで、同一のパスワードを使用
パスワード: (任意のパスワードを入力する)
パスワードの確認: (上と同じパスワードを入力する)

26. インストール ステップ17
データベース管理者(OSDBA)グループとデータベース・オペレータ(OSOPER)グループを設定する

データベース管理者(OSDBA)グループ: dba
データベース・オペレータ(OSOPER)グループ: oper

27. インストール ステップ18
インストール要件のチェックカーネル・パラメータはデフォルトのままではインストール要件を満たさないので、インストーラに用意された
スクリプトを実行する

「修正および再チェック」ボタンを押す

(rootユーザ にて実施)

# /tmp/CVU_11.2.0.1.0_oracle/runfixup.sh

デフォルトインストールのままで作業をした場合、以下のパッケージが不足するのでインストールする
・gcc
・compat-libstdc++-33(i386)
・compat-libstdc++-33(x86_64)
・elfutils-libelf-devel
・glibc-devel(x86-64)
・glibc-headers
・gcc-c++
・libaio-devel(i386)
・libaio-devel(x86_64)
・libstdc++-devel(x86_64)
・sysstat
・unixODBC(i386)
・unixODBC(x86_64)
・unixODBC-devel(i386)
・unixODBC-devel(x86_64)
・pdksh

(rootユーザにて実施)

# yum -y install gcc compat-libstdc++-33 elfutils-libelf-devel 
glibc-devel glibc-headers gcc-c++ libaio-devel libstdc++-devel 
sysstat unixODBC unixODBC-devel pdksh

「再チェック」ボタンを押す

28. インストール ステップ19
終了ボタンをおして、インストールを実行する

29. インストール ステップ20, 21
あたたかく見守る♥

30. パスワード管理
データベース・ユーザー・アカウントのロックやロック解除、パスワードの変更が必要な場合は設定する

31. 構成スクリプトの実行
画面に表示されるスクリプトを順番に一つずつ実行する
(rootユーザにて実施)

# /u01/app/oraInventory/orainstRoot.sh
# /u01/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_1/root.sh

32. ブラウザからEnterprise Managerへアクセスする

https://<IPアドレス>:1158/em/

環境:
CentOS 5.4(CPU: Q9650 MEM: 6GB)
Oracle Database 11g R2

##### 参考 #####
以下にOracle Database 11g R2のインストール前とインストール後でのsysctrl -aの差異を記載する
左側がインストール前の数値で、右側がインストール後の数値になる

net.ipv4.ip_local_port_range: 32768    61000 → 9000    65500
net.core.rmem_default: 129024 → 262144
net.core.wmem_default: 129024 → 262144
net.core.rmem_max: 131071 → 4194304
net.core.wmem_max: 131071 → 1048576
kernel.pty.nr: 4 → 2
kernel.random.uuid:
kernel.random.entropy_avail: 128 → 129
kernel.sem: 250    32000    32    128 → 250    32000    100    128
fs.aio-max-nr: 65536 → 1048576
fs.aio-nr: 0 → 13932
fs.dentry-state: 21277    18440    45    0    0    0 → 79671    74076    45    0    0    0
fs.file-max: 561995 → 6815744
fs.file-nr: 3570    0    561995 → 7140    0    6815744
fs.inode-state: 13836    153    0    0    0    0    0 → 81115    11016    0    0    0    0    0
fs.inode-nr: 13836    153 → 81115    11016

/etc/sysctl.confには、以下の内容が追記されていた

kernel.sem =   100
fs.file-max = 6815744
net.ipv4.ip_local_port_range = 9000 65500
net.core.rmem_default = 262144
net.core.wmem_default = 262144
net.core.rmem_max = 4194304
net.core.wmem_max = 1048576
fs.aio-max-nr = 1048576

Oracle Database 11g Release 2 (11.2) Documentation

Linux Integration Services for Microsoft Hyper-V v2.1 Beta

Linux Integration Components for Windows Server 2008 Hyper-V R2から
Linux Integration Services for Microsoft Hyper-V バージョン2.1 ベータへアップデート
する方法は以下の通り。

1. Linux Integration Services for Microsoft Hyper-Vをダウンロードし、子パーティション(ゲストOS)の
仮想DVDドライブへISOファイルをマウントする。
Linux Integration Services for Microsoft Hyper-V

2. ISOファイルの中身を適当な場所へコピーし、実行する。

# ./setup.pl drivers

3. 子パーティション(ゲストOS)を再起動する。

まだベータ版ではあるものの、待望の機能が追加されている。
・親パーティション(管理OS)との時刻同期機能
・統合シャットダウン機能(Hyper-Vマネージャから制御できる)
・SMP機能(最大4vCPU)

時刻同期されるようになったので、時間が進む場合の clock=pit や 遅れる場合の noapic, nolapic, nosmp
が不要になる。あわせてntpdを停止したが、今のところ時刻がずれていくことはない。

注意点として、統合サービスを適応した環境でyumを利用してカーネルをアップデートし、アップデートした
カーネルで起動すると、カーネルパニックを起こしてしまうので、アップデート後のカーネルバージョンに
あわせて用意しておかなければならない。

setup.plを実行すると、unameを実行してカーネルバージョンを確認しているので
アップデート後のカーネルバージョンをこたえるように、unameを細工すれば良い。
今回は、setup.pl実行時に偽uname(Shellスクリプト)に入れ替え、作業後にオリジナルunameに戻した。
(uname -r, uname -p, uname -m のように、3種類の引数に答えるようにしておけば、うまくいった)

環境:
Windows Server 2008 R2(親パーティション)
CentOS 5.4(子パーティション)

Linux Integration Components for Windows Server 2008 Hyper-V R2(v2.0)

CentOS5 で RAM DISK を作成する方法

CentOS5で、RAM DISKを作成する方法は以下の通り。

1. マウント場所を作成する
(例) マウント場所を/mnt/ramdisk にする場合

# mkdir /mnt/ramdisk

2. RAM DISKを作成する

# mount -t tmpfs -o size=<容量> /dev/shm /mnt/ramdisk

(例)RAM DISKの容量を4GBに設定する場合

# mount -t tmpfs -o size=4g /dev/shm /mnt/ramdisk

CentOS5 で VNC 接続のログイン画面を表示する方法

CentOS5にVNCで接続する際、ログイン画面を表示してからログインする方法は以下の通り。

1. vncserverがデーモンとして起動している場合は、停止させる

# service vncserver stop

2. vncserverを自動的に起動させている場合は起動しないようにする

# chkconfig vncserver off

3. /etc/services にvncを追加する

vnc             5901/tcp                        # VNC Server

4. xinetd経由でvncserverを起動させるため、/etc/xinetd.d/vncserver を作成する
(画面サイズ:1024×768 色:16ビット セキュリティ:パスワードなしで接続)

service vnc
{
   socket_type     = stream
   wait            = no
   user            = nobody
   server          = /usr/bin/Xvnc
   server_args     = -inetd -query localhost -once -geometry 1024x768 -depth 16 -SecurityTypes None
   log_on_failure  += USERID
   disable         = no
}

5. 起動時のrunlevelが5でない場合は/etc/inittabを変更する

id:5:initdefault:

6. /etc/gdm/custom.conf にXDMCPの設定を追加する

[xdmcp]
Enable=true

7. xinetdとgdmにHUPシグナルを送る

以上でVNCで接続した際、ログイン画面が表示されるようになる。パスワードなしで接続するように
設定しているが、接続される先はログイン画面なので問題なしと判断した。

TOP

INFORMATION

当サイトは備忘録であり、その内容を保証するものではありません。 当サイトまたはリンク先によるいかなるトラブルや損害に関しても、一切の責任を負いかねます。 当サイトの内容を無断で転用したり、転載する等の行為はおやめください。