coLinuxをサービスとして自動起動する方法は以下の通り。

1. WinPcapをインストール

2. coLinuxをインストール

3. Linuxイメージ用コンフィグ( fedora10.conf )の設定

kernel="C:/Program Files/coLinux/vmlinux"
initrd="C:/Program Files/coLinux/initrd.gz"
mem=512
cobd0="C:/Program Files/coLinux/Fedora-10.img"
cobd1="C:/Program Files/coLinux/swap.img"
root=/dev/cobd0
ro
eth0=pcap-bridge,"ローカル エリア接続"

4. サービス登録

colinux-daemon @"c:\program files\coLinux\fedora10.conf" --install-service "coLinux-Fedora10"

5. サービスの「スタートアップの種類」を「自動」にする

インストール場所や、コンフィグの場所は環境に合わせて変更する。

環境:
Windows XP Professinal SP3
coLinux-0.7.6
WinPcap-4.1.1
Fedora10