カテゴリー : Ubuntu

Ubuntu 12.04 に dnsperf をインストールする方法

Ubuntu 12.04 に dnsperf をインストールする方法は以下の通り。

1. 必要なパッケージをインストール

$ sudo apt-get install libbind-dev libssl-dev libcap-dev libxml2-dev

2. bindをダウンロード

$ wget ftp://ftp.isc.org/isc/bind9/9.9.0/bind-9.9.0.tar.gz

3. 展開

$ tar zxvf bind-9.9.0.tar.gz

4. 必要なファイルをコピー

$ sudo cp -p bind-9.9.0/lib/isc/include/isc/hmacsha.h /usr/include/isc/

5. シンボリックリンクの作成

$ sudo ln -s /usr/lib/i386-linux-gnu/libgssapi_krb5.so.2.2 \
  /usr/lib/i386-linux-gnu/libgssapi_krb5.so

6. dnsperf をダウンロード

$ wget ftp://ftp.nominum.com/pub/nominum/dnsperf/2.0.0.0/dnsperf-src-2.0.0.0-1.tar.gz

7. 展開

$ tar zxvf dnsperf-src-2.0.0.0-1.tar.gz

8. コンパイル

$ cd dnsperf-src-2.0.0.0-1/
$ ./configure
$ make

9. インストール

$ sudo make install

環境:
Ubuntu 12.04 (i386)
dnsperf 2.0.0.0
BIND 9.9.0

##### 参考 #####

手順1を実施しない場合のエラーメッセージ

configure: error: BIND 9 libraries must be installed
/usr/bin/ld: cannot find -lcrypto
/usr/bin/ld: cannot find -lcap
/usr/bin/ld: cannot find -lxml2

手順4を実施しない場合のエラーメッセージ

dns.c:46:25: 致命的エラー: isc/hmacsha.h: そのようなファイルやディレクトリはありません
コンパイルを停止しました。
make: *** [dns.o] エラー 1

手順5を実施しない場合のエラーメッセージ

/usr/bin/ld: cannot find -lgssapi_krb5

Xming を使用してUbuntu 10.04 に GUI で接続する方法

Xmingを使用してUbuntu 10.04 にGUIで接続する方法は以下の通り。
(前提条件: Windowsファイアウォールが適切に設定されていること)

1. /etc/gdm/custom.conf が存在しない場合のみ以下の手順

cp /usr/share/doc/gdm/examples/custom.conf /etc/gdm/custom.conf

2. /etc/gdm/custom.conf を以下のように変更する

[xdmcp]
Enable=true
DisplaysPerHost=2

3. GDMを再起動する

# restart gdm

4. WindowsでXmingを起動して接続する

環境:
Ubuntu 10.04
Ubuntu 9.10

Linux のコマンド入力でエイリアスを一時的に無効にする方法

Linuxのコマンド入力でエイリアスを一時的に無効にする方法は以下の通り。

$ \<コマンド>

コマンドの前に「\ 」を入力するだけ。

Linux のハードウェア構成を確認するコマンド

Linuxのハードウェア構成を確認するコマンドは以下の通り。

# dmidecode

Linux のバージョンを確認するコマンド

Linuxのバージョンを確認するコマンドは以下の通り。

# lsb_release -id -a

CentOSは、以下の方法でも確認できる。

# cat /etc/redhat-release

ubuntuは、以下の方法でも確認できる。

 # cat /etc/lsb-release
TOP

INFORMATION

当サイトは備忘録であり、その内容を保証するものではありません。 当サイトまたはリンク先によるいかなるトラブルや損害に関しても、一切の責任を負いかねます。 当サイトの内容を無断で転用したり、転載する等の行為はおやめください。