カテゴリー : Windows Server 2008 R2

Linux Integration Services Version v3.2 for Hyper-V

Linux Integration Services Version v3.2 for Hyper-V をインストールする方法は以下の通り。

CentOS 6.x にインストール ( CentOS 5.x には v2.1 をインストール)

1. Linux IC v3.2.iso をダウンロード

Linux Integration Services Version v3.2 for Hyper-V – 日本語

2. Hyper-VマネージャーでLinux IC v3.2.iso をマウント

Hyper-V マネージャーから仮想マシンへ接続し、ISOファイルをマウント
メディア -> DVDドライブ -> ディスクの挿入 -> Linux IC v3.2.iso

3. 仮想マシンからマウント

# mount -o ro /dev/cdrom /media

レガシネットワークアダプターでネットワーク接続を有効にしておいてから
ISOファイルを仮想マシンへ転送し、マウントしてもOK

LinuxでISOファイル(CDイメージ)をマウントする方法

4. Linux Integration Services Version v3.2 for Hyper-V をインストール

# cd /media
# ./install.sh

5. アンマウントして仮想マシンを再起動

# cd
# umount /media
# sync; sync; sync
# reboot

環境:
CentOS 6.2 (x86_64)
Windows Server 2008 R2

Hyper-V のインストールの前後で変化する Intel VT 対応の表示

Hyper-Vのインストールの前後で変化するIntel VT対応の表示は以下の通り。

Hyper-Vの役割インストール前
Hyper-Vの役割インストール後
Hyper-Vの役割インストール前
Hyper-Vの役割インストール後
Hyper-Vの役割インストール前
Hyper-Vの役割インストール後

環境:
Windows Server 2008 R2 SP1
Core2Quad Q9650

Windows Server で EDNS0 を無効にする方法

Windows ServerでEDNS0を無効にする方法は以下の通り。

> dnscmd /Config /EnableEDnsProbes 0

EDNS0の設定を確認するには以下のコマンドを実行。

> dnscmd /Info /EnableEDNSProbes

一部の名前が解決できない場合かつ、以下のイベントが発生している場合に効果があった。

イベントID: 5501
DNS サーバーは、xxx.xxx.xxx.xxx からの無効なパケットを検出しました。
パケットを処理すると、パケット長を超えてしまいます。
イベント データに DNS パケットが含まれています。

※Windows Server 2003でdnscmdを使用するには「Support Tools」をインストールする必要がある。

環境:
Windows Server 2008 R2

ROBOCOPY を使ってデータを同期する方法

ROBOCOPYを使ってデータを同期する方法は以下の通り。

> ROBOCOPY <コピー元> <コピー先> /MIR /COPYALL /NP /XD <除外ディレクトリ> ^
> /W:<再試行回数> /R:<待機時間> /FFT /ZB /LOG:<ログファイル>

コピー元: コピー元ディレクトリ(UNC名も指定可能)
コピー先: コピー先ディレクトリ(UNC名も指定可能)
/MIR: ディレクトリ ツリーをミラー化します。
/COPYALL: ファイル情報をすべてコピーします。
/NP: 進行状況なし – コピーの完了率を表示しません。
/XD: 指定された名前/パスに一致するディレクトリを除外します。
/LOG: ログ ファイルに状態を出力します。
/R: 失敗したコピーに対する再試行数(既定値は 1,000,000)
/W: 再試行と再試行の間の待機時間(既定値は30 秒)
/FFT: FAT ファイル時間(2 秒の粒度)を仮定します。
/ZB: 中断した際、再開できる方法でコピーし、アクセス権のエラーが発生した際には
読み取り権限がなくてもバックアップできるモード(バックアップモード)を使用します。

(例)
> ROBOCOPY d:\data \\fileserver01 /MIR /COPYALL /NP /ZB /W:3 /R:3 /LOG:c:\robocopy.log

オプションの詳細は以下のコマンドで確認できる。

> ROBOCOPY /?

Linux Integration Services v2.1 for Windows Server 2008 Hyper-V R2

Linux Integration Services v2.1 for Windows Server 2008 Hyper-V R2 を
インストールする方法は以下の通り。

1. Linux Integration Services v2.1 for Windows Server 2008 Hyper-V R2を
ダウンロードし、EXEファイルを実行するとISOイメージになる。
子パーティション(ゲストOS)の仮想DVDドライブへISOファイルをマウントする。
Linux Integration Services v2.1 for Windows Server 2008 Hyper-V R2

2. adjtimexをインストール (x64の場合のみ必要)

# yum -y install adjtimex

3. ISOファイルの中身を適当な場所へコピーし、実行する。

# cp -R /media/CDROM/ /opt/linux_ic_v21_rtm
# cd /opt/linux_ic_v21_rtm
# make
# make install

4. 子パーティション(ゲストOS)を再起動する。

# sync; sync; sync
# reboot

### 注意点 ###

Betaバージョンと同じく、統合サービスのインストール後にカーネルをアップデートして
アップデート後のカーネルで再起動すると、起動時にカーネルパニックが発生した。
(統合サービスをインストールしたカーネルバージョンなら起動できる)
カーネルのアップデート後に、unameに細工をして統合サービスを再度インストールすれば
アップデート後のカーネルで問題なく起動した。

環境:
Windows Server 2008 R2(親パーティション)
CentOS 5.5(子パーティション)

Windows Server 2008 (R2) の Aero を有効にする方法

Windows Server 2008またはWindows Server 2008 R2のAeroを有効にする方法は以下の通り

1. 「サーバーマネージャー」から「デスクトップエクスペリエンス」の機能を追加する(サーバの再起動あり)

2. 「管理ツール」から「サービス」を開く

3. 「Themes」のプロパティを開き、「スタートアップの種類」を「自動」に変更する

4. サーバを再起動する

5. 「個人設定」から「Aeroテーマ」を選択する

※Aeroテーマを選択できれば、タスクバーやウインドウが半透明になる

Windows Server 2008 R2 のデスクトップアイコンを表示する方法

Windows Server 2008 R2のデスクトップにデスクトップアイコンを表示させる方法は以下の通り

1. スタートを押す(デスクトップ左下にあるWindowsのマーク)

2. 「プログラムとファイルの検索」のテキストボックスへ「デスクトップのアイコン」と記入する

3. 「デスクトップのアイコンの表示または非表示」と表示されるのでクリックする

4. 「デスクトップ アイコンの設定」画面が表示されるので、表示させたいアイコンにチェックを入れる

ドメインベースの名前空間で Windows Server 2008 モードを有効にする方法

Windows Server 2008以降から、ドメインベースの名前空間にWindows Server 2008モードが利用
できるようになった。Windows Server 2008モードを利用するための条件は以下の通り。

1. フォレストで、Windows Server 2003 以上のフォレスト機能レベルを使用する。

2. ドメインで、Windows Server 2008 ドメインの機能レベルを使用する。

3. すべての名前空間サーバーで、Windows Server 2008 を実行する。

自分の環境では、新しい名前空間を作成する時に、チェックボックスがグレーになっており
Windows Server 2008モードを有効にできなかった。ドメイン機能レベル、フォレスト機能レベル
ともにwindows Server 2003だったので、これをWindows Server 2008 R2へ昇格。

1~3の条件をすべて満たしたが、Windows Server 2008モードを有効にできなかった。

名前空間に、昔(Windows Server 2003 R2で構成されていた頃)作成したDFSrootが残っていたので
削除しようとしたところ、「RPCサーバーを利用できません」とエラーが発生した。

「ADSIエディター」を確認すると、「CN=System」「CN=Dfs-Configuration」に存在しないサーバを
示す属性値があったのでそれを削除し、サーバを再起動。

「DFSの管理」から確認すると、アクセスできないDFSrootがまだ残っていた。削除しようとすると
エラー内容が「要素がありません」に変化した。

dfsutil /Server:<サーバ名> /View /Verbose

と入力すると「コンピューターにルートが存在しません」と表示された。

この段階で新たな名前空間を作成すれば、Windows Server 2008モードが有効にできるようになっていた。

アクセスも削除もできないDFSrootと同名の名前空間を作成することができたので、そのまま削除
してみたところ、やっと削除できた。

環境:
Windows Server 2008 R2 Enterprise

Windows Server 2008モードの参考URL
名前空間の種類を選択する

Linux Integration Services for Microsoft Hyper-V v2.1 Beta

Linux Integration Components for Windows Server 2008 Hyper-V R2から
Linux Integration Services for Microsoft Hyper-V バージョン2.1 ベータへアップデート
する方法は以下の通り。

1. Linux Integration Services for Microsoft Hyper-Vをダウンロードし、子パーティション(ゲストOS)の
仮想DVDドライブへISOファイルをマウントする。
Linux Integration Services for Microsoft Hyper-V

2. ISOファイルの中身を適当な場所へコピーし、実行する。

# ./setup.pl drivers

3. 子パーティション(ゲストOS)を再起動する。

まだベータ版ではあるものの、待望の機能が追加されている。
・親パーティション(管理OS)との時刻同期機能
・統合シャットダウン機能(Hyper-Vマネージャから制御できる)
・SMP機能(最大4vCPU)

時刻同期されるようになったので、時間が進む場合の clock=pit や 遅れる場合の noapic, nolapic, nosmp
が不要になる。あわせてntpdを停止したが、今のところ時刻がずれていくことはない。

注意点として、統合サービスを適応した環境でyumを利用してカーネルをアップデートし、アップデートした
カーネルで起動すると、カーネルパニックを起こしてしまうので、アップデート後のカーネルバージョンに
あわせて用意しておかなければならない。

setup.plを実行すると、unameを実行してカーネルバージョンを確認しているので
アップデート後のカーネルバージョンをこたえるように、unameを細工すれば良い。
今回は、setup.pl実行時に偽uname(Shellスクリプト)に入れ替え、作業後にオリジナルunameに戻した。
(uname -r, uname -p, uname -m のように、3種類の引数に答えるようにしておけば、うまくいった)

環境:
Windows Server 2008 R2(親パーティション)
CentOS 5.4(子パーティション)

Linux Integration Components for Windows Server 2008 Hyper-V R2(v2.0)

オフラインでドメインに参加する方法

Windows Server 2008 R2やWindows 7には、オフラインでドメインに参加する方法がある。
手順は以下の通り。

ドメインコントローラ側で、djoinコマンドを利用し、プロビジョニング データを作成し
メンバサーバや、クライアント側でプロビジョニング データを読み込む。

作成:

djoin /provision /domain <ドメイン名> /machine <コンピュータ名> /savefile <ファイル名>

読み込み:

djoin /requestodj /loadfile <ファイル名> /windowspath <Windowsパス> /localos

(例)

djoin /provision /domain example.local /machine W7-HOGE01 /savefile provision_w7-hoge01.txt
djoin /requestodj /loadfile provision_w7-hoge01.txt /windowspath %windir% /localos

ステップ バイ ステップ ガイド – オフライン ドメイン参加 (Djoin.exe)

TOP

INFORMATION

当サイトは備忘録であり、その内容を保証するものではありません。 当サイトまたはリンク先によるいかなるトラブルや損害に関しても、一切の責任を負いかねます。 当サイトの内容を無断で転用したり、転載する等の行為はおやめください。