カテゴリー : apache

CentOS 6 に Apache をインストールする方法

CentOS 6 に Apache をインストールする方法は以下の通り。

1. apache のインストール

# yum -y install httpd

2. /etc/httpd/conf/httpd.conf の編集

#ServerTokens OS
ServerTokens Prod

#KeepAlive Off
KeepAlive On

#ServerAdmin root@localhost
ServerAdmin root@example.com

#ServerName www.example.com:80
ServerName www.example.com:80

#ServerSignature On
ServerSignature Off

TraceEnable Off

ServerAdmin や ServerName は環境に合わせて設定
Welcome ページが不要な場合は削除

# rm /etc/httpd/conf.d/welcome.conf

3. apache の起動

# service httpd start

4. 起動設定

# chkconfig httpd on

5. iptables が有効になっている場合は TCP/80,443 を解放

/etc/sysconfig/iptables に追記

-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 80 -j ACCEPT
# service iptables restart

環境:
CentOS 6.2 (x86_64)
httpd-2.2.15-15.el6

#ServerTokens OS
ServerTokens Prod

#KeepAlive Off
KeepAlive On

#ServerAdmin root@localhost
ServerAdmin root@example.com

#ServerName www.example.com:80
ServerName www.example.com:80

#ServerSignature On
ServerSignature Off

TraceEnable Off

CentOS 5 に Scalix をインストールする方法

CentOS 5にScalixをインストールする方法は以下の通り。

1. 必要なパッケージをインストールする

# yum install compat-libstdc++-296 sendmail-cf 
postgresql postgresql-server

2. /etc/hostsを修正する

# vi /etc/hosts

127.0.0.1にlocalhostやlocalhost.localdomain以外のホスト名があれば削除しておく。
scalixをインストールするサーバのFQDNを追記しておく。
(DNSで解決できればインストール時のチェックは通るが、念のため書いておく)

3. Scalixのインストーラを起動する

# sh scalix-11.4.6-GA-community-rhel5-intel.bin

4. 使用許諾を読み、同意するなら「yes」と答える

Do you agree? (yes/no) yes

5. ファイルの展開が完了したと表示されるので、エンターを押す

Archive extraction complete. Press <Return> to see the README. -->

6. 展開されたパッケージを起動する旨を問われるので、「yes」と答える

Do you want to run the package that was unpacked
automatically? (yes/no) [yes]

7. インストール方法を問われるので、どちらかを選択する

Please choose an action from the list:
[1] Install all Scalix components (typical)
[2] Install one or more Scalix components (custom)
-> Please enter your choice [1]:

8. インストールパッケージが表示される
継続する場合は「yes」と答える

=== Packages Installation ===

Searching for latest Scalix packages...

Install the following components:
  * Scalix Libical (required for Scalix Server)
    (version 0.27.20071008-1)
  * Scalix Character Set Detection (required for Scalix Server)
    (version 1.0.20071031-1.rhel5 [1.rhel5])
  * Scalix Server
    (version 11.4.6.13676-1.rhel5 [1.rhel5])
  * Scalix DB
    (version 11.4.6.2718-1)
  * Scalix Apache/Tomcat Connector
    (version 11.4.6.1020-1.rhel5 [1.rhel5])
  * Scalix Tomcat
    (version 5.5.28-1047)
  * Scalix Messaging Services
    (version 11.4.6.2822-1)
  * Scalix Management Agent
    (version 11.4.6.5113-1)
  * Scalix Web Access
    (version 11.4.6.12377-1)
  * Scalix Management Services
    (version 11.4.6.5113-1)
  * Scalix iconv Extras
    (version 1.2-1.rhel5 [1.rhel5])
  * Scalix Search and Index Service
    (version 11.4.6.1175-1)
  * Scalix Mobile Client
    (version 11.4.6.961-1)

-> Do you want to continue installing the packages? (yes/no) [yes]

9. システムチェック後、継続する場合はエンターを押す

Performing system check...

* Environment check... OK
* Filesystem check... OK
* Network check... OK
* Dependency check... OK
* Running services check... OK
* Community license check... OK

-> Press Enter to begin installation:

10.  プライマリメールノード名を入力する

=== Server Configuration ===

-> Enter the name of the primary mailnode on this server [mail]:

11. ドメイン名を入力する

=== Default Address Format ===

-> Domain name []:example.com

12 . 表示名のフォーマットを選択する

Display name format:

[1] Firstname Lastname
    (e.g. "James Kirk")
[2] Lastname, Firstname
    (e.g. "Kirk, James")
[3] Lastname Firstname
    (e.g. "Kirk James")
[4] Firstname Middleinitial. Lastname
    (e.g. "James T. Kirk")
[5] Lastname, Firstname Middleinitial.
    (e.g. "Kirk, James T.")

-> Please enter your choice [1]:3

13. メールアドレスのフォーマットを選択する

Internet address format:

[1] Use display name format
    (e.g. "kirk.james@example.com")
[2] Firstname_Middleinitial_Lastname
    (e.g. "james_t_kirk@example.com")
[3] Firstname.Middleinitial.Lastname
    (e.g. "james.t.kirk@example.com")
[4] Firstname.Lastname
    (e.g. "james.kirk@example.com")
[5] Firstname_Lastname
    (e.g. "james_kirk@example.com")
[6] Lastname.Firstname
    (e.g. "kirk.james@example.com")
[7] Lastname_Firstname
    (e.g. "kirk_james@example.com")
[8] firstinitialmiddleinitiallastname
    (e.g. "jtkirk@example.com")
[9] firstinitiallastname
    (e.g. "jkirk@example.com")
[10] firstinitialmiddleinitiallastinitial
    (e.g. jtk@example.com)

-> Please enter your choice [1]:6

14. 管理者名とパスワードの設定

The Admin user account is used to manage the Scalix Server using the
Management Console.  Enter an admin username and password:

-> Username [sxadmin]:

-> Enter password:

-> Confirm password:

-> Unique Email Address [sxadmin-mail@example.com]:

15. ライセンスがあれば入力する

-> Enter the location of your license key file or enter
"None" to run the server without a license []:

16. サーバの内部で使用するパスワードを入力する

=== Secure Communication ===
Please enter a password that the Scalix Management Services will use to
authenticate with the Scalix Server. If you plan to install multiple
Scalix Servers, please keep this password in a safe place. You MUST use
the same password during installation of additional servers.

-> Enter password:

-> Confirm password:

17. PostgreSQLのDBパスワードを入力する

=== PostgreSQL Configuration ===

-> Enter database password:

-> Confirm password:

18. 日本語化パッチの展開

# tar zxvf scalix-11.4.6-GA-jpatch-1.tgz

19. 日本語化パッチのインストール

# cd scalix-11.4.6-GA-jpatch-1
# ./scalix-ja-installer

20. ブラウザから以下のURLにアクセスする

管理者画面

http://<IPアドレス>/sac/
http://mail.example.com/sac/

ユーザ画面

http://<IPアドレス>/webmail/
http://mail.example.com/webmail/

環境:
CentOS 5.5 (i386)
Scalix 11.4.6

CentOS 5 に RoundCube WebMail をインストールする方法

CentOS 5にRoundCube WebMailをインストールする方法は以下の通り。

1. apacheをインストールし、自動で起動するように設定する
(インストールされている場合は不要)

# yum install httpd
# chkconfig httpd on

2. MySQLサーバをインストール、自動で起動するように設定する
(インストールされている場合は不要)

# yum install mysql-server
# chkconfig mysqld on

3. php-5.2をインストールするための準備

# vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Testing.repo

以下、CentOS-Testing.repoの内容

[testing]
name=CentOS-$releasever - Testing
baseurl=http://dev.centos.org/centos/$releasever/testing/$basearch/
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=http://dev.centos.org/centos/RPM-GPG-KEY-CentOS-testing

4. php-5.2をインストール
(旧バージョンのphpがインストールされている場合はupdate)

# rpm --import http://dev.centos.org/centos/RPM-GPG-KEY-CentOS-testing
# yum --enablerepo=testing install php php-mysql 
php-mcrypt php-gd php-xml php-pear php-devel 
php-pecl-Fileinfo php-mbstring

5. gccをインストール
(インストールされている場合は不要)

# yum install gcc

6. fileinfoのインストール

# pecl install fileinfo

7. php.iniのタイムゾーンを設定
(設定してある場合は不要)

# vi /etc/php.ini
date.timezone="Asia/Tokyo"

8. MySQLの起動

# /etc/init.d/mysqld start

9. RoundCube WebMail用のDB作成とユーザ作成

# mysql
mysql> CREATE DATABASE roundcubemail;
mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON roundcubemail.* TO
    -> roundcube@localhost IDENTIFIED BY 'pass';

10. RoundCube WebMailの展開

# tar xvzf roundcubemail-0.4-beta.tar.gz

11. RoundCube WebMailの配置

# mv roundcubemail-0.4-beta /var/www/html/webmail

12. apacheの起動
(起動している場合は再起動)

# /etc/init.d/httpd start

(インストール直後の場合は、/etc/httpd/conf/httpd.confのServerNameを修正する必要がある)

13. ブラウザからインストールウィザードへアクセスする

http://<IPアドレス>/webmail/installer/

14. 画面下にある「START INSTALLATION」ボタンを押す

15. RoundCube Webmail Installer – 1. Check environment
画面下にある「NEXT」を押す
(PostgreSQLとSQLite以外の状態がすべてOKになっていること)

16. RoundCube Webmail Installer – 2. Create config
必要に応じて、項目の値を変更する。
IMAPとSMTP Settingsはサーバ欄が空欄になっているのでそれぞれサーバを指定すること。
変更したら、画面下にある「CREATE CONFIG」ボタンを押す。

17. RoundCube Webmail Installer – 2. Create config
main.inc.phpとdb.inc.phpが作成されるので、ダウンロードして指定されたディレクトリ
(/var/www/html/webmail/config/)へコピーする。
(画面上の黄色い四角の中のメッセージに、コピー先のディレクトリ名が書いてある)

18. RoundCube WebMailディレクトリのオーナーをapacheに変更

# chown -R apache:apache /var/www/html/webmail/

19. RoundCube Webmail Installer – 2. Create config
画面中ほどにある「CONTINUE」ボタンを押す。

20. RoundCube Webmail Installer – 3. Test config
「Initialize database」ボタンを押す
SMTPサーバ設定やIMAPサーバ設定の接続を試験できる

21. mail_domainの修正

# vi /var/www/html/webmail/config/main.inc.php
$rcmail_config['mail_domain'] = 'example.com';

(ここを修正しないとIMAPサーバ名=ドメイン名になってしまう)

22. ブラウザからRoundCube WebMailへアクセスする

http://<IPアドレス>/webmail

環境:
CentOS 5.5 (i386)
RoundCube WebMail 0.4 beta

htpasswd で8文字以上のパスワードを設定する方法

※MD5を利用する場合

# htpasswd -m <ファイル名> <ユーザ名>

※SHAを利用する場合

# htpasswd -s <ファイル名> <ユーザ名>

既存のファイルへのユーザ追加ではなく、新規にファイルを作成する場合は、それぞれ以下のように
コマンドを入力する。

# htpasswd -mc <新規ファイル名> <ユーザ名>
# htpasswd -sc <新規ファイル名> <ユーザ名>

デフォルトはCRYPT( -d )を利用している。

WordPress を動作させる apache の AllowOverride 設定

wordpressは.htaccessを使用するので、httpd.confのAllowOverrideがNoneのままだと
リンクなどが正常に動作しない。

例えば、紹介ページ(about)のリンクがNOT FOUNDになってしまう。

TOP

INFORMATION

当サイトは備忘録であり、その内容を保証するものではありません。 当サイトまたはリンク先によるいかなるトラブルや損害に関しても、一切の責任を負いかねます。 当サイトの内容を無断で転用したり、転載する等の行為はおやめください。