カテゴリー : others

CentOS 6 に Openfire をインストールする方法

CentOS 6 に Openfire をインストールする方法は以下の通り。

1. 次のURLから Java Runtime Environment をダウンロード

http://java.com/ja/download/manual.jsp

2. jre のインストール

# sh jre-6u31-linux-x64-rpm.bin

3. /etc/profile へ追記

export JAVA_HOME=/usr/java/latest

4. JAVA_HOME の反映

# . /etc/profile

5. MySQL のインストール

# yum -y install mysql-server

6. MySQL の起動と起動時の設定

# service mysqld start
# chkconfig mysqld on

7. DBとDBユーザーの作成

# mysqladmin password password -u root
# mysql -ppassword
mysql> create database openfire;
mysql> grant all privileges on openfire.* to openfire@localhost identified by 'password';
mysql> exit

8. 次のURLから Openfire をダウンロード

http://www.igniterealtime.org/projects/openfire/

9. Openfire のインストール

# rpm -ivh openfire-3.7.1-1.i386.rpm

10. Openfire の起動

# /etc/init.d/openfire start

serviceコマンドで起動する場合は、 /etc/sysconfig/openfire で JAVA_HOME を指定すること

11. /etc/sysconfig/iptables の追記

-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp -m multiport --dports 5222,5223,9090,9091 -j ACCEPT

12. iptables の再起動

# service iptables restart

13. ブラウザから次のURLへアクセス

http://<IPアドレス>:9090/

14. Openfire の設定

(1) Choose Language

○ Czech (cs_CZ)
○ Deutsch (de)
● English (en)
○ Español (es)
○ Français (fr)
○ Nederlands (nl)
○ Polski (pl_PL)
○ Português Brasileiro (pt_BR)
○ Русский (ru_RU)
○ Slovenčina (sk)
○ Simplified Chinese (zh_CN)

(2) Server Settings

Domain: 127.0.0.1
Admin Console Port: 9090
Secure Admin Console Port: 9091

(3) Database Settings

● Standard Database Connection
○ Embedded Database

(4) Database Settings – Standard Connection

Database Driver Presets: MySQL
JDBC Driver Class: com.mysql.jdbc.Driver
Database URL: jdbc:mysql://localhost:3306/openfire

Username: openfire
Password: password

Minimum Connections: 5
Maximum Connections: 25
Connection Timeout: 1.0 Days

(5) Profile Settings

● Default
○ Directory Server (LDAP)
○ Clearspace Integration

(6) Administrator Account

Admin Email Address: admin@example.com
New Password: password
Confirm Password: password

環境:
CentOS 6.2 (x86_64)
openfire-3.7.1-1
jre-6u31

Java Runtime Environment

CentOS 6 に ejabberd をインストールする方法

CentOS 6 に ejabberd をインストールする方法は以下の通り。

1. ejabberd ユーザーを作成

# useradd ejabberd

2. 次のサイトからejabberdをダウンロード

http://www.process-one.net/en/ejabberd/downloads

3. 解凍

# gunzip ejabberd-2.1.10-linux-x86_64-installer.bin.gz

4. インストール

# chmod +x ejabberd-2.1.10-linux-x86_64-installer.bin
# ./ejabberd-2.1.10-linux-x86_64-installer.bin
Please select the installation language
[1] Dutch - Nederlands
[2] English - English
[3] French - Francais
[4] German - Deutsch
[5] Russian - Русский
[6] Simplified Chinese - ?体中文
[7] Spanish - Espanol
Please choose an option [2] :
----------------------------------------------------------------------------
Welcome to the ejabberd Setup Wizard.
----------------------------------------------------------------------------
Press [Enter] to continue :

何度か Enter を押す

Do you accept this license? [y/n]: y
Installation Directory [/opt/ejabberd-2.1.10]:
ejabberd server domain [hostname]: example.com
Administrator username [admin]:
Administrator password : password
Retype password : password
Cluster [y/N]:
Do you want to continue? [Y/n]:
View Readme file? [Y/n]: n

5. /etc/sysconfig/iptables の追記

-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp -m multiport --dports 5222,5269,5280 -j ACCEPT

6. iptables の再起動

# service iptables restart

7. ejabberd の起動

# chown -R ejabberd:ejabberd /opt/ejabberd-2.1.10/
# /opt/ejabberd-2.1.10/bin/ejabberd.init start

8. 起動設定

# ln -s /opt/ejabberd-2.1.10/bin/ejabberd.init /etc/rc0.d/K10ejabberd
# ln -s /opt/ejabberd-2.1.10/bin/ejabberd.init /etc/rc1.d/K10ejabberd
# ln -s /opt/ejabberd-2.1.10/bin/ejabberd.init /etc/rc2.d/S99ejabberd
# ln -s /opt/ejabberd-2.1.10/bin/ejabberd.init /etc/rc4.d/S99ejabberd
# ln -s /opt/ejabberd-2.1.10/bin/ejabberd.init /etc/rc3.d/S99ejabberd
# ln -s /opt/ejabberd-2.1.10/bin/ejabberd.init /etc/rc5.d/S99ejabberd
# ln -s /opt/ejabberd-2.1.10/bin/ejabberd.init /etc/rc6.d/K10ejabberd

次のURLからユーザを管理する。

http://<IPアドレス>:5280/admin/
ユーザ名: admin@example.com (手順3で設定したドメイン名)
パスワード: password (手順3で設定したパスワード)
コンフィグ: /opt/ejabberd-2.1.10/conf/ejabberd.cfg
ログ: /opt/ejabberd-2.1.10/logs/ejabberd.log

環境:
CentOS 6.2 (x86_64)
ejabberd-2.1.10

# /opt/ejabberd-2.1.6/bin/ejabberdctl start

Zabbix から ejabberd にメッセージを送信する方法

Zabbixからejabberdにメッセージを送信する方法は以下の通り。

1. Zabbixのメディアタイプを設定([管理]→[メディアタイプ]→[jabber])

説明: Jabber
タイプ: Jabber
JabberID: zabbix@example.com (取得済ID)

2. 「パスワード変更」ボタンを押してパスワードを設定し、保存

3. ejabberd.cfgの修正

# vi ejabberd.cfg
{5222, ejabberd_c2s, [
%%{certfile, "/opt/ejabberd-2.1.6/conf/server.pem"}, starttls,
{access, c2s},
{shaper, c2s_shaper},
{max_stanza_size, 65536}
]},

4. hostsの修正

# vi /etc/hosts
192.0.2.100 example.com

5. ユーザのjabberIDを設定 ([管理]→[ユーザ]→[ユーザ名])

6. Jabber送信アクションを設定 ([設定]→[アクション]→[アクションの作成])

手順3を実施しない場合は、zabbix_server.logに以下のエラーが出力された。

JABBER: [zabbix@example.com] receiving error [7][0]

手順4を実施しない場合は、zabbix_server.logに以下のエラーが出力された。

JABBER: [zabbix@example.com] Connection failed: Connection timed out

pandion は _xmpp-client._tcp.example.com の SRVレコードが解決できれば接続できたが

Zabbixは example.com の Aレコードを解決し接続している様子。

環境:
CentOS 5.6 (i386)
Zabbix 1.8.4-1
ejabberd 2.1.6

CentOS 5 に ejabberd をインストールする方法

CentOS 5にejabberdをインストールする方法は以下の通り。

1. ejabberdユーザを追加

# useradd ejabberd

2. 以下のサイトからejabberdをダウンロード(ejabberd-2.1.6-linux-x86-installer.bin.gz)

http://www.process-one.net/en/ejabberd/downloads

3. 解凍

# gunzip ejabberd-2.1.6-linux-x86-installer.bin.gz

4. インストール

# chmod +x ejabberd-2.1.6-linux-x86-installer.bin
# ./ejabberd-2.1.6-linux-x86-installer.bin
Do you accept this license? [y/n]: y
Installation Directory [/opt/ejabberd-2.1.6]:
ejabberd server domain [hostname]: example.com
Administrator username [admin]:
Administrator password : password
Retype password : password
Cluster [y/N]:
Do you want to continue? [Y/n]:
View Readme file? [Y/n]: N

5. 必要な場合はコンフィグを修正

# vi /opt/ejabberd-2.1.6/conf/ejabberd.cfg

6. 起動

# /opt/ejabberd-2.1.6/bin/ejabberdctl start

TCP/5222がLISTEN状態になっていれば起動成功。

ログの場所: /opt/ejabberd-2.1.6/logs/ejabberd.log

以下のURLからユーザを管理する。

http://<IPアドレス>:5280/admin/
ユーザ名: admin@example.com (手順4で設定したドメイン名)
パスワード: password (手順4で設定したパスワード)

クライアントにはpandionを使用した。
_xmpp-client._tcp.example.com のSRVレコードをサーバのIPアドレスに設定すれば接続できた。

環境:
CentOS 5.6 (i386)
ejabberd 2.1.6

CentOS 5 に MantisBT をインストールする方法

CentOS 5にMantisBTをインストールする方法は以下の通り。

1. 必要なパッケージをインストール

# yum install httpd mysql-server php php-mysql

2. サービスの起動とOS起動時の設定

# /etc/init.d/httpd start
# /etc/init.d/mysqld start
# chkconfig httpd on
# chkconfig mysqld on

3. MySQLのrootユーザにパスワードを設定

# mysql
mysql> SET PASSWORD FOR root@localhost=PASSWORD('<パスワード>');
mysql> exit

※パスワードなしで接続しようとした場合、以下のエラーが出力されるようになる

# mysql
ERROR 1045 (28000): Access denied for user 'root'@'localhost' (using password: NO)

4. MantisBT用のユーザとデータベースを作成

# mysql -p
mysql> create database bugtracker;
mysql> grant all privileges on bugtracker.* to mantisbt@localhost identified by '<パスワード>';
mysql> flush privileges;
mysql> exit

5. 以下のURLからMantisBTをダウンロードするURLを確認

http://sourceforge.net/projects/mantisbt/files/mantis-stable/

6. MantisBTをインストール

# cd /var/www/html/
# wget http://sourceforge.net/projects/mantisbt/files/mantis-stable/1.2.4/mantisbt-1.2.4.tar.gz/download
# tar zxvf mantisbt-1.2.4.tar.gz
# chown apache:apache mantisbt-1.2.4
# ln -s mantisbt-1.2.4/ mantisbt
# rm mantisbt-1.2.4.tar.gz

7. ブラウザから以下のURLへアクセスし、MantisBTを設定

http://<サーバのIPアドレス>/mantisbt/admin/install.php

8. デフォルトの言語を日本語に変更
mantisbt/config_inc.phpの<?php ~ ?>の間に以下の一行を追加

$g_default_language = 'japanese';

9. MantisBTへログイン

http://<サーバのIPアドレス>/mantisbt/
利用者名: administrator
初期パスワード: root

10. その他の作業

administratorの初期パスワードを変更
ブラウザからadministratorでログインして「アカウント設定」にて変更
インストール用ディレクトリを削除
# rm -fr mantisbt/admin/

環境:
CentOS 5.5 (i386)
mantisbt-1.2.4

TOP

INFORMATION

当サイトは備忘録であり、その内容を保証するものではありません。 当サイトまたはリンク先によるいかなるトラブルや損害に関しても、一切の責任を負いかねます。 当サイトの内容を無断で転用したり、転載する等の行為はおやめください。